夫の仕事に対する不満1位「給料が低い」 年収500万円未満だと離婚への意識が高まる傾向?

拡大画像を見る

リスクモンスターは2月19日、「離婚したくなる亭主の仕事」の調査結果を発表した。調査は今回で8回目。1月に実施し、20~49歳の既婚女性600人から回答を得た。

夫の仕事に対して「不満がある」と回答した人は43.0%だった。夫の年収別では、「300万円未満」(63.6%)が最多。次いで「300万円以上400万円未満」(58.0%)、「400万円以上500万円未満」(48.6%)と続いた。夫の年収が低いほど妻の不満も高くなるようだ。

夫が年収800~1000万円でも1割が「離婚したい」

夫への不満理由は「給料が低い」(74.0%)が最多。2位以降は「残業が多い」(35.3%)、「福利厚生が不十分」(22.5%)、「休みが少ない」(19.4%)と続いた。

夫に対する転職希望の有無を聞くと、「転職してほしい」は26.7%。年代別では20代(34.5%)や30代(26.0%)が高く、若年層ほど夫に転職してほしいと考えているようだった。夫の年収500万円未満の層では「転職してほしい」が3割以上であった。

「夫の仕事が原因で離婚したい」と回答した人は11.5%。年代別にみると、30代(12.5%)が最も高く、次いで20代(12.0%)、40代(10.0%)と続いた。

年収別には、「300万円未満」「300万円以上400万円未満」(同18.2%)、「400万円以上500万円未満」(17.8%)が多かった。年収500万円以上となるとほとんどの年収帯で離婚意識は5%未満にとどまるが、「800万円以上1000万円未満」のみ10.8%となった。

「不満」「転職」「離婚意識」のすべてにおいて専業主婦よりも共働きの妻の方が高い回答率となった。また、上記3項目すべてで平均を上回ったのは「鉱業」「食品製造業」「運輸業」「飲食店、宿泊業」だった。

コロナ禍で進むテレワークについては、「夫の仕事が原因で離婚したい」と考えている妻にとっては「テレワークが少ない」という不満よりも「テレワークが多い」という不満が多くかった。テレワークで夫が在宅になることで不満が発生しているようだ。

関連リンク

  • 2/22 19:22
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 観音寺六角

    2/23 20:52

    幸せになろう🎉ではなく幸せにしてよね👊的な昨今の社会😓自由がただの我が儘を助長させてやがては独りに☺

  • ソフィア

    2/23 9:46

    目の前に札束おいてしゃぶれとか言われたらしゃぶりそうな奴の意見だな

  • 玉葱

    2/23 8:02

    稼ぎが500万以下だから離婚しますでいいんじゃない?(笑)旦那がさぁ…こんな理由で一生態度取られるくらいなら、むしろ要らねぇだろ…。何ならなるべく早く。慰謝料なんか発生しないし、日が経てば財産分与でバカ臭くなるし。愛情も無い『他人』に食わせてやる意味なんかないぞ?(笑)

記事の無断転載を禁じます