岡田美里 元夫・堺は「今でもあんまり好きじゃない(笑)」 でも「尊敬と感謝」

拡大画像を見る

 今は亡きE・H・エリックさんを父に、岡田眞澄さんを叔父に持つモデルの岡田美里が21日、ブログを更新。2001年に離婚した俳優で歌手の堺正章への思いをつづった。

 岡田は03年に再婚したが、08年に離婚している。

 堺との間に生まれた次女、女優・堺小春(26)が出演したテレビを、母親と一緒にドキドキしながら見たという岡田は21日のブログで「シングルになろうと考えはじめてから5年間迷ったのですが」と、堺との離婚を決意するまで5年間悩んだことを告白。

 「パパの近くに住み、パパのことを嫌いにならないように」「子供達が自分の足で、歩いてパパのところに行ける」ように、と離婚後も、同じ渋谷区に住み続けたことを明かし、「私が渋谷区にずっと住むのはお家賃も大変でした」などと振り返った。

 岡田は「決して別れをお勧めはしませんが、あれから21年が経ち、時間を経てみて良かったなと思うのは、子供達はパパのことが大好きだということです」とパパを嫌いにならないように、努力してきたことが結果的によかった、と述懐。

 「私は、今でもあんまり好きじゃないですケドね(笑)」とドッキリ発言もし、「尊敬と感謝はしています」とつづった。

 子供たちについては、「こんな家庭で育った割に、真っ直ぐな優しい気持ちをもった娘になり、それぞれに好きなことを仕事にできて、それで食べていけている…」と母として胸をなでおろしていることを明かした。

 長女はグラフィックデザイナー、モデルをしている。

関連リンク

  • 2/22 18:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます