“コロナなんてただの風邪” 店長の衝撃発言に失望「従業員も消毒しない。そういう人たちが集まる会社だと思った」

拡大画像を見る

コロナ禍においてマスクやパーテーション、こまめな手洗いや消毒といった感染防止対策が当たり前となった。日常のあらゆる場面でコロナ対策、三密対策に気を遣うような状況だが、職場でのコロナ対策が万全でないために、会社に対して不信感を持つ人が続出している。

40代女性は「コロナ対策のずさんさに不信感を覚える。コロナ禍のマナーを守らない社員を上司が注意しない」(奈良県/事務・管理)と、コロナ対策に対する会社の姿勢に疑問符をつけている。他にも、職場でのコロナ対策に不信感を持つ人の声を紹介しよう。(文:林加奈)

「店長が『コロナなんてただの風邪』というタイプ」

接客の仕事をしている40代男性は、「前回の緊急事態宣言時に勤務先の店舗でアルコール消毒がなかった」と語る。

「マスクが品切れ状態で、バイトにもマスク配布なし。お店の感染防止対策もなし。売り上げのことばかり気にして、お店のスタッフとお客様の感染防止には目を向けない」(神奈川県)

飛沫が飛びやすい飲食店で十分な感染防止策を実施しないまま、営業を続ける経営者に対して、男性は「従業員は捨て駒だと感じた」と呆れた様子だ。

40代女性が勤務するスーパーは、コロナがきっかけで売り上げが上がった。しかし、「消毒なし。形だけのパーテーションでおしゃべりだらけの従業員、1畳ほどの喫煙室には満杯」と、失望した様子で語っている。

「店長はいわゆる『コロナなんてただの風邪』というタイプ。麻痺しているどころか、あまりにも気にしない人が多すぎるので、きっとそういう人たちが集まる会社なのだと思った」(神奈川県/事務・管理)

パーテーションなし、ぎゅうぎゅう詰めの待合室「こんな歯医者怖い」

歯科衛生士のパートをしている40代女性は、勤務先でのコロナ対策のずさんさをこう語る。

「4台あるユニットはいつも埋まっています。ユニットとの間に仕切りがないので、隣で削っている入れ歯のカスが飛んでくることも。待合室はぎゅうぎゅう詰め。こんな歯医者怖い」(神奈川県)

隣で治療を受けている患者の削りカスが飛んでくるのは、コロナに関係なく不快極まりないだろう。せめてパーテーションを設置するなどして、真剣に対策を取ってほしいものだ。

その他には、

「外国人の社長がマスクなしでオフィス内をうろうろしている」(外資系/50代男性)

などの声が寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」のアンケートご回答や【アマギフ1000円プレゼント】読者エッセイを募集しています。

関連リンク

  • 2/22 18:30
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • リスクマネジメントや命について考えたことないんだろうな。コロナになり社の風評が悪くなり一人抜ければ更にキツくなり抜けるなといい出社させれば人が抜けるリスクが更に高くなりそのうちリカバリー効かなくなる。コロナは風邪と同じと言うならばこれにより起こり得る「すべてのリスク」に対して責任を持つべきだ。それすらしないのであればこんな上司に従う必要性を全く感じない。

  • ヤン中佐

    2/24 12:50

    ウイルスによる感染症の一種としか定義されてない“風邪”を『ただの風邪』と言ってしまう無知無教養な店長だと店つぶれるど( *´艸`)

  • 歯医者で隣の人の入れ歯カスが飛んでくるって、どんな歯医者だよワラ 

記事の無断転載を禁じます