「傷の舐めあいにガッカリ」宮迫博之とTKO木下の“解雇コラボ動画”が大不評

拡大画像を見る

 吉本興業の大崎洋会長に「もう戻らんでええ」と突き放されたことが話題の宮迫博之。他のYouTube行きタレントと違って、テレビに未練たらたら。好意的に解釈すると“根っからのテレビ芸人”とも言える宮迫が「吉本に戻りたい」と秋波を送れば送るほど、動画のネタにしてくれるなと会長の癇にさわったようだ。

 そんな流れがある中、2月17日投稿の宮迫のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」に、松竹芸能を退所して“いちばん嫌われてる芸人”ともいわれるTKO・木下隆行が出演。互いの「事務所退所」エピソードが繰り広げられたのだが、「このコラボはあかんヤツや」「自分が悪いのに文句を言ってるだけ」と、失笑されてしまったとか。

「木下さんはペットボトルを投げるなどのパワハラ疑惑が原因で退所に至ったわけですが、宮迫さんから『木下の場合は解雇って言われてんの?』と質問されると、『そうですね。解雇ですね。松竹退所なんで』と答えていました。入所するときも書類などがなかったので、退所する時も話し合いだったとのことです。それを受けて宮迫さんは『(吉本は)LINEで来ましたよ』と告白。これに木下さんが驚いて『解雇だよ~って動くスタンプで?』と言うと、宮迫さんは笑いながら『そっちのほうが吉本らしくて良かったわ』と。どうやら、真面目な書類がLINEで送られてきたようですが、宮迫さんは『あーこんなん来んのかいって思いながら』と振り返っていました。でも、この同情を誘うようなやり取りも、残念ながら視聴者には刺さらなかったようです」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では「戻らんでええと言われた途端に会社の悪口はないと思う」「どっちも自業自得でしょ」と呆れ声が大半。宮迫ファンからも「大嫌いな木下とのコラボにはガッカリ。完全に傷の舐め合いみたい」といった厳しい声があがっている。

“ペットボトルを投げる男をマネジメントできない”と言われたという木下に対して、「企業からすると当然っちゃ当然よね」と妙に悟ったように語っていた宮迫。でも、こんなコラボを発信すればするほど、テレビからどんどん離れていってしまうと思うのだけれど…?

(塚田ちひろ)

関連リンク

  • 2/22 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • おやぢ

    2/26 12:36

    そういえば芸能人って、そもそも個人事業主扱いで、元々事務所などは何の保証もしないから、よくよく考えると解雇って表現も違うのかな。

  • ***

    2/25 18:54

    アホ面2人

  • 結局のところ憂さ晴らしを義憤と勘違いして顔を隠して反論出来ない相手選んでギャーギャー言ってる連中の格好の的…。その叩いている方々はさぞかし聖人君子なんでしょうね。そもそも日常会話すら交わしていない人間がなにかしたところで生活になんの影響もないって。

記事の無断転載を禁じます