森七菜『しゃべくり』ホリケン逆ギレに賛否の声「嫌いになったかも」

拡大画像を見る

 女優の森七菜(19)が2月15日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。ネプチューンの“ホリケン”こと堀内健(51)らしゃべくりメンバーのツッコミに逆ギレして、視聴者をザワつかせていたようだ。

 中学生時代の部活は美術部で、絵心があるという森はスケッチブックを持参して登場すると、くりぃむしちゅーの上田晋也(50)の似顔絵を描きながらトークすることに。ドラマの空き時間に共演者の似顔絵を描いており、仕上がりは好評だと語った。

 そこで、上田が「過去に誰の描いてあげた?」と質問。森が連続ドラマ初主演となった『この恋あたためますか』(TBS系)で、中村倫也(34)、仲野太賀(28)、石橋静河(26)を描いたと明かすと、原田泰造(50)が「1日1回は絵を描く?」と問いかけた。

 森は「描きますね」と即答したが、有田哲平(50)が「昨日は何描いた?」と問うと、「昨日は……」と言葉に詰まってしまい、ウソをついていたことが発覚。スタジオに笑いが起きる中、上田に「テキトーなのよ、この子」にツッコまれていた。

 また、『恋あた』について、上田は「恋愛ドラマ、どのへんが難しかった?」と質問。森は「中村倫也さんのすごいキュンとするセリフを、私が“キュンとしたよ”という顔をして、みなさんに共感してもらわなきゃって意識ががすごいあって、そこを大事にしてました」と振り返った。

 その流れで、同ドラマの「僕には君が必要だ!」という中村のセリフを名倉潤(52)が再現し、森にキュンとした表情を見せてもらうことに。しかし名倉が即興ドラマを演じると、なぜかホリケンが乱入。森は吹き出してしまい、キュン顔を再現することはできなかった。

■見事な切り返しを見せた森七菜だが

 それでもホリケンは即興ドラマを続行。予測不能なツッコミに対し、森はキレ気味の即興セリフで対抗。「なんっスか、パワハラっすよ!」などと激しく言い返し、ドラマのヒロインとは思えない、荒っぽい言葉づかいになっていた。

 このあとも、しゃべくりメンバーにツッコまれ、森がキレ気味に返事をする場面が何度か見られたため、視聴者はツイッター上で「嫌いになったかも……少なくとも、好感度は下がったよな」「大声でドヤしてるの見て、あれがホントの姿だろーなって思った」などとドン引きしていた。

 その一方で「ホリケンと即興でヤリあえてる森七菜、スゲェ」などと、ホリケンとの即興ドラマを成立させていた、森の演技の反射神経の良さを称賛する声も。また、「この子は天真爛漫って言葉が似合う気がする。笑顔にウソがないというか、憎めなくなっちゃう」などと、裏表がなくて好きになったという声もあった。

 森の荒っぽい言葉づかいは、13日に放送された『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)の船釣りロケでも見られた。魚が釣れない悔しさを海に向かって「くそぉ、どうしてだ~!」と叫ぶ姿に、視聴者の反応は「ナチュラルでかわいい」「下品で見ていられない」などと、賛否が別れていた。

 メンバーが好き勝手に暴れまわる『しゃべくり』では、ペースを崩されてしまうゲストも多いが、メンバーを相手に終始、堂々とした態度を見せていた森七菜はお見事。賛否の声はあがっていたが、ある意味で大物ともいえるだろう。

関連リンク

  • 2/22 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • まさまさ

    2/23 12:55

    番組を純粋に見て伝える筆者素晴らしい。台本、編集あってのもの。

  • 田畑 実

    2/23 12:48

    これリアルタイムで見たけど、レギュラー陣に「タイミングが違う」ってアドバイスされて、そこから何回かキレ芸してたから特に気にしてなかったなぁ。バラエティーだし、打ち合わせ済み感ありありだった。

  • 天真爛漫ってのは合ってるかもね。 気に入らないから、世話になった事務所辞めちゃうくらいだしね。

記事の無断転載を禁じます