フジ久代萌美アナ「黒い西麻布パリピ飲み」に局内で「早く辞めてほしい」の声!

拡大画像を見る

 2月18日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、フジテレビの久代萌美アナウンサー(31)とトラブルを抱える投資家との交流を報じている。

 記事によると、久代アナは2019年6月、東京・西麻布の飲食店で開催された投資家・Y氏の誕生日パーティに出席していたという。

「Y氏は当時、女子アナとの出会いを求め、方々から紹介してもらっていたそうで、パーティには久代アナのほか、フジテレビの三上真奈アナ(31)、テレビ東京の福田典子アナ(30)も参加していたようです。久代アナとY氏は食事をする関係だったといいます。

 それだけだったらまだいいのですが、Y氏は知人との間で3億円の投資をめぐるトラブルを抱えているほか、証券取引等監視委員会も彼の動向に目を光らせているようなんです」(芸能記者)

『週刊新潮』の問い合わせに対し、フジテレビ広報は「プライベートについてはお答えしておりません」としている。

■1億5000万円以上のタワマン購入

 久代アナといえば、プライベートでは2020年12月中旬に人気YouTuberユニット・北の打ち師達のメンバー・はるくん(25)と結婚したことを発表している。

 1月31日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した久代アナがあらためて入籍を報告したが、その際、ゲストのウエンツ瑛士(35)が「パーティタイムは終了ですか?」と尋ねる場面があった。

「ウエンツと久代アナは共通の友人が多く、プライベートでも親しいようです。つまり、ウエンツは久代アナがパーティ好き、パリピだということを知っていたということですよね。今回の報道が出る前から、久代アナは飲み会好き、合コン好きとしてフジテレビ内でも知られた存在でした。

『週刊新潮』では、久代アナと夫のはるくんは、昨年末に都内の超一等地に建つタワーマンションの、1億5000万円以上はする物件を夫婦名義で購入したともあります。人気YouTuberの夫は相当稼いでいるのでしょうが、結婚後すぐに超高級新居を購入するあたりにも、彼女の“パリピぶり”がうかがえる気がします」(制作会社関係者)

■松本人志が「すげぇコンパしてる」と指摘

 2020年8月の『ワイドナショー』では、ダウンタウンの松本人志(57)から「すげぇコンパしてるらしいですけどね」とイジられた久代アナが「本当嫌い、干されればいいのに」と切り返したことも話題を呼んだ。

「2019年7月の『週刊文春』(文藝春秋)が、元フジテレビアナウンサーの田中大貴(40)が女性トラブルを起こし、6月に当時所属していたオスカープロモーションを退社していたと報じました。

 田中アナはフジ局アナ時代、企業関係者との会合に後輩の女子アナを呼んで“女子アナ合コン”もセッティングしていたといいます。2017年の初め頃、大手リラクゼーションサロン会社幹部との合コンに駆り出されていたのは、久代アナ、小沢陽子アナ(29)、鈴木唯アナ(27)だったとささやかれています」(夕刊紙デスク)

 合コンに参加させられた後輩アナウンサーたちが上司にクレームを出し、田中がフジ上層部から事情聴取を受けるという一幕もあったという。田中は2018年5月にフジテレビを退社しているが、そうした“合コン斡旋”も退社の理由の1つだったのかもしれない。

■久代アナが「女子アナ合コン」の窓口に!?

 久代アナについては、2020年10月の『FRIDAYデジタル』でも、大手外資系企業の日本支社会長と、男女2対2で食事会を行う様子が報じられている。

「久代アナは『週刊新潮』の報道の前から、さまざまな企業のトップと会食や合コンを重ねていたのでしょう。田中アナが企業と女子アナをつなぎ、久代アナが女子アナサイドの合コンの“窓口”になっていたのではないか、とも言われていますね。

 そんな久代アナは、一部フジ局員から相当反感を持たれており、今回の記事が出る前から“早く辞めてほしい”といった声も一部から上がっていました。

 彼女に対して批判的な人の中には、“退社した田中アナも悪いけど、久代アナもどうなの?”という思いがあるのかもしれないですね。そんな中、2年前のこととはいえ今回の『週刊新潮』の報道が出たわけですから、久代アナは今まで以上に、局内でマズい状況になる可能性がありそうです」(前出の制作会社関係者)

 新婚生活をスタートさせたばかりの久代アナだが、その前途は果たして――。

関連リンク

  • 2/19 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます