【超便利】割り勘アプリ「Spritwise」でシェアハウスやホームパーティのお金問題をスッキリ解決! 誰がいくら払えばいいか計算してくれます

拡大画像を見る


約1年前から友人ふたりとルームシェアを始めた私。ルームメイトと「めんどくさ〜」と毎回話題になるのが『お金の管理』

一緒に住んでいると、家賃をはじめ公共料金など割り勘が多くなります。すると、誰がいくら払ったのか忘れてしまったり、「お金返して」と言いづらかったり、さらに計算が面倒だったりと、お金が絡んでくると小さなストレスが溜まりがちです。

そこで金額と内訳をメモのように登録すれば、誰が・何を・いくら払った、がひとめでわかる割り勘アプリ「Splitwise(スプリットワイズ)」を導入してみました!

ルームシェアはもちろん、ホームパーティーやキャンプでも便利ですよ!

【Splitwiseとは?】

Splitwiseはその名の通り、割り勘を賢く管理してくれるアプリです。

支払ったお金を登録していけば、最終的に誰が誰にいくら払えばいいかまで精算してくれるのです。

会員登録も簡単で、名前(ニックネーム可)、メールアドレス、パスワード、そして使用通貨を設定すれば完了です。
ちなみに、Googleアカウントから登録することもできますよ。ルームメイトなど、割り勘したい人たちにもアプリをダウンロードしてもらったら、準備OK。

【早速、ルームメイトと使ってみた!】

ここからグループを作っていきます。

1.まずはグループを作成する

まずは下のヘッダーにあるカテゴリ「グループ」を選択して、右上の「グループを開始する」をタップ。

グループの名前と、家・旅行などのタイプを選択したら、これでグループのできあがりです。

2.グループにメンバーを招待する

そのあと、作ったグループにメンバーを招待します。招待する方法は

・「メンバーを追加」から、相手の電話番号を入力して追加する方法。
・「リンクをシェア」から、相手にURLを送って、タップしてもらって追加する方法。

の2パターンがあります。
わたしはリンクをLINEで送って、招待しました。

3.出費を登録していく

画面下にあるプラスマークのボタンを押すと、出費を追加する画面がでてきます。

1段目は出費の内容を入力、カテゴリを選びます。ノートマークのアイコンをタップすると、出費のカテゴリを選択できます!

「水道代 10〜12月」と入力し、カテゴリーも「水道」に。

2段目には金額を入力します。

さらにこの支払ったお金を均等に分割するか、はたまた4対6の割合で支払うかなど、出費をどのように分割するかまで選べます

全部入力し、右上の「保存する」をタップすると……

お〜〜〜〜〜! 支払ったお金が自動で割り勘され、現在いくら貸しがあるか、一目瞭然……!

これはすごい……。

4.精算ボタンで、誰が誰にいくら払うか自動的に計算してくれる

月末など、収支の登録が終わったら、グループページにあるオレンジ色の「精算する」をタップ。

すると誰が誰にいくら借りている状態なのかが計算され、表示されます。
表示された金額のやり取りが終わったら、精算完了の報告ができ、また同じグループでゼロからスタートできます。

【計算が楽だし、支出が見える化できる】

最終的には、すべての支出が1枚のレシートのように目に見えるので、精算で気まずい空気にもなりません。

もちろん、このアプリはシェアハウスだけではなく、いろんなシーンで活躍してくれること間違いなし。たとえば、グループでの旅行やキャンプ、恋人同士など、お金の貸し借りや、割り勘が発生するシチュエーションにピッタリです

使い方さえ覚えてしまえば簡単ですし、無料で使えるのでおすすめですよ♪

※一部サービスは、有料の場合があります。

参考リンク:Spritwise、ダウンロード[Android]、[iOS]
執筆:あん すず
Photo:(c)Pouch

関連リンク

  • 2/11 12:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます