草なぎ剛、結婚話も解禁!!二宮和也撃破で「ブルーリボン賞」内定説のウラ!

拡大画像を見る

 在京スポーツ紙7紙の映画担当記者が投票で選ぶ「第63回ブルーリボン賞」の本選考会が1月下旬に都内で行われる。

 今年の授賞式は、コロナ禍により中止となることが発表されているものの、同賞の目玉となる「主演男優賞」を誰が受賞するのかに大きな注目が集まっている。

「本年度、主演男優賞にノミネートされているのは『ミッドナイトスワン』の草なぎ剛(46)、『浅田家!』の嵐・二宮和也(37)、『Fukushima 50』の佐藤浩市(60)、『罪の声』の小栗旬(38)、『アンダードッグ』の森山未來(36)の5人。特に草なぎと二宮が有力候補だとみられています」(映画誌編集者)

 すでに各紙の映画担当記者による選考会は終了しているという。

 1月20日のWEBサイト『サイゾーウーマン』では、草なぎが主演男優賞に輝く可能性が高いと報じている。

 芸能プロ関係者は話す。

「例年、7紙の新聞社から各社4~5名ほどの記者が投票して選考するのですが、今回はコロナ禍で人数がかなり絞られての投票になったといいます。それで、どうやら草なぎさんが、主演男優賞の最多得票を獲得した、という話が聞こえてきているんです。

 スポーツ紙の多くは、ジャニーズ事務所と良好な関係にあります。そのため、通年通りなら、“忖度”が働いて草なぎさんの受賞はないとみられていました。しかし、投票人数が絞られた結果、草なぎさんに最も多く票が集まった、といった話も漏れ伝ってきていますね……」

■伊藤沙莉が絶賛「作品というより人生を観た」

 昨年9月に公開された映画『ミッドナイトスワン』で、草なぎはトランスジェンダーの男性を熱演。ネットの映画レビューには、「草なぎ剛の現時点での代表作となることは間違いない」「初めは“草なぎくんが女装してるw”と思うが、話が進むにつれ彼や周りの俳優の芝居にどんどんのめり込んでいく」「これが現代の日本のジェンダー。その人たちの、リアルな痛み。叫び。痛いほど伝わり、涙が止まらなかった」と絶賛の声が殺到している。

 また、俳優の竹内涼真(27)もツイッターで「こんな気持ちになったのは久々です。自分でも上手く説明がつかない気持ちですが、とにかく素敵な映画です。俳優とはこうあるべきなのかなぁと考えさせられました」とコメントしているほか、若手演技派女優の伊藤沙莉(26)がインスタグラムに「興奮が止まらない。作品というより人生を観た、という感覚」とつづるなど、同業者からも熱烈な支持を集めていた。

「もちろん、『ブルーリボン賞』でも草なぎさんの演技や、作品全体が評価されてのことであるのは間違いないでしょう。ただ、それに加えて大きかったのが、草なぎさん本人と所属事務所が、“結婚についてもお話しします”と取材OKを出しているということも大きいという噂ですね」(前出の芸能プロ関係者)

■草なぎが“ナンパ婚”の真相を激白!?

 草なぎは、2020年12月30日に一般女性との結婚を発表している。

「お相手はスレンダーな30代の美女とのことですよね。SMAP時代の2016年に、草なぎさんがエレベーターで“ナンパ”をして交際が始まったと報じられていますが、どんな方なのか、最近建てたという“20億円新居”での新婚生活はどんな感じななのか、それはベールに包まれています。どこまで草なぎさんが話すのかは分かりませんが、ファンや世間が興味があることなのは間違いないですよね。

 一方、二宮さんは2019年11月に元フリーアナウンサーのA子さん(40)との結婚を発表しましたが、ファンからは大バッシングを受けて、現在まで結婚について公の場で語ることはいっさいありません。先日、A子さんが妊娠しているという報道も出ましたが、これについてもネット上で厳しい声も上がっていますし、またA子さんが妊娠していることが漏れたことに困惑しているという報道もありました。ですので、妊娠の件も含めて、二宮さんはプライベートを語ることは完全NGでしょう。

 つまり、結婚のことを話すという草なぎさんが主演男優賞を受賞したほうが、新聞記事になった場合、新聞の売り上げやネット記事の閲覧数も“ハネる”可能性が高い。このサービス精神も大きかったのかもしれませんね」(前同)

■2022年の授賞式司会者は草なぎか

 今年は開催中止となったものの、例年、「ブルーリボン賞」授賞式の司会は、前年度に主演男優賞と主演女優賞を受賞した俳優が担当する。

 2020年2月に行われた授賞式では、前年に『記憶にございません!』で主演男優賞に輝いた中井貴一(59)と『止められるか、俺たちを』で主演女優賞に輝いた門脇麦(28)が司会を務めた。

「コロナが収束すれば、2022年は授賞式を開催できます。今年、草なぎさんが主演男優賞を受賞した場合、2022年の授賞式では彼が司会を務めることになるわけです。ただ、そうなるとジャニーズ事務所サイドは、自社のタレントを草なぎさんとは共演させないでしょう。仮に今年授賞式が開催された場合にも、二宮さんが草なぎさんと並ぶことはなかったはずです。

 ジャニーズ事務所は、新しい地図との共演にはNGという姿勢を貫いているといいますからね。来年、草なぎさんが司会を務めるとなったら、授賞式の舞台に上がりたくない、という理由で、ジャニーズ事務所は自社のタレントが出演している映画のノミネートすら辞退する可能性もあると言われているほどですね」(前出の芸能プロ関係者)

 今年9月には、木村拓哉(48)が主演を務める映画『マスカレード・ナイト』の公開が控えている。木村が受賞者、司会が草なぎという“SMAPメンバー共演”の奇跡を期待したいところだが……。

関連リンク

  • 1/23 9:03
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • み~

    1/23 14:38

    草彅くんを推したいみたいだね。事務所の力とか関係なく選ばれるのが本当だと思う。賞も気になるけど、お相手の方奥さんのこと聞きたくなるだろうね。もう、自分で守らなきゃだからね、プライベートなことは。

記事の無断転載を禁じます