高橋一生、ドラマ「天国と地獄」の期待値がうなぎ上りなワケ

拡大画像を見る

 1月17日にスタートする「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)で綾瀬はるか演じる女刑事・望月彩子と魂が入れ替わるサイコな殺人鬼・日高陽斗を演じる高橋一生。ドラマPR用CMでは、日高の魂とスイッチした彩子の不敵な笑みを浮かべる顔と、彩子の魂とスイッチした日高が女性言葉を口にしながら両手で顔を覆う様子が流れており、ネット上では「これだけで期待できる」「高橋一生の女らしい演技が早く見たい」などと、注目度が上がっている。

 この注目度の高さの一端を担っているのが、年末に3夜連続放送された「岸辺露伴は動かない」(NHK)で主演した高橋の好演だろう。

 神奈川県葉山町にある国指定登録有形文化財の豪奢な邸宅、通称「旧加地邸」を高橋演じる岸辺露伴の自宅として使用。「ジョジョの奇妙な冒険」で広く知られる荒木飛呂彦氏による同名原作漫画の世界観を壊さず、新たな重厚感とユニークなポップさを加味した岸辺露伴を演じた。

「この作品には、ドラマ好きからシリーズ化を希望する声が数多くあがっているようです。NHKでは、満島ひかり自身がNHKに持ち込んだ企画『シリーズ・江戸川乱歩短編集』(NHK BSプレミアム)が第1弾2016年1月、第2弾同年12月、第3弾2018年12月に放送され、2019年には地上波NHKでも再放送され、とても人気が高いのだとか。その証拠に今年3月放送予定の第4弾新作も、すでにツイッター上で話題となっています。高橋の『岸辺露伴は動かない』も、満島の『江戸川乱歩シリーズ』と同様にシリーズ化されてもおかしくないでしょう」(テレビ誌ライター)

 子役は芸能界で大成しないと言われる定説を覆し、10歳で芸能界デビューした高橋も今や40歳。俳優として第一線を走り続ける様子を見守りたい。

関連リンク

  • 1/17 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます