緊急事態宣言下で石田純一「コロナ沖縄旅行」真相を激白も…完全無視の悲劇

拡大画像を見る

 1月8日に1都3県に発出され、13日には対象が11都府県に拡大したコロナウィルス対策での緊急事態宣言。そうした事態のなかで、石田純一(67)が自身の誕生日である1月14日に新たにYouTubeチャンネル『じゅんちゃんねる』を開設した。

 20年4月、1度目の緊急事態宣言での無責任な行動が世間から批判を食らった芸能人が、2度目の緊急事態宣言が発令されたいまになって、YouTubeを始めた。

「石田といえば、昨年4月の緊急事態宣言の最中に、コロナに感染したことが思い起こされますね。あのときは、石田が無責任な行動をしたとして、大いに叩かれましたからね。

 20年4月15日に沖縄で新型コロナウイルスに感染したことが報じられた石田ですが、当初は“仕事で宿泊したホテルで感染した”としていたものの、実際は、現地のゴルフ場でプレー中に体調を崩したと目撃情報などで発覚。同月8日に玉城デニー沖縄県知事が“県外からの来県自粛と、沖縄県民の外出自粛要請”を呼び掛けたばかりだったタイミングだったこともあり、大炎上しましたね」(女性誌記者)

 そんな石田が、YouTubeを始めた真意はなんだったのかーー。

「67歳になった今だからこそ、『やりたいこと』『やるべきだと信じていること』をやっていきたいと思っています。初回は、これまでお話できなかった『コロナウイルス感染騒動』について包み隠さずお話します。チャンネル登録よろしくお願いします」

 と告知した石田は、1月14日の19時に動画『【あの日の真相】お騒がせ男・石田純一、すべてをお話します』を投稿した。

■感染経路を改めて説明

「4分ほどかけて、自己紹介や動画の方針などを語ってから、コロナウイルスの話題に入りました。症状が辛かったことを具体的に説明しつつも、“それより世間の逆風が聞こえてきて。そこは謝らせていただきたい”と謝罪し、ディレクターの“なぜゴルフに行ったのか?”“なぜ沖縄に?”という質問から、それぞれの出来事を詳細に語ったんです」(前出の女性誌記者)

 まず、ゴルフについて。石田は4月5日に北関東でゴルフをした理由を「あと2日くらいで緊急事態宣言が出る(※実際に4月7日に発令)と言われていた時期で、欠員が出た」「それでホイホイ行ったのが悪かった」「ゴルフ場で感染したわけではないが、ゴルフ関係者の方にも“ゴルフ場で感染した”という風に伝わってしまった」と説明し、実際の感染ルートは「ゴルフ後の会食」とし、原因は「残っていたワインを(自分も)飲んでしまったから」「そこしか(感染経路)は考えられない」としていた。

 そして、4月10日に沖縄行きの理由も説明した。

■沖縄とマラソン件を謝罪しつつも釈明

 石田は、ある2日がかりの仕事がコロナ禍でキャンセルになったことを明かし、その後、石田がオーナーを務める沖縄の冷麺屋『J-chan 冷麺』の店長から「とにかく来てください。大変なことになっています」「沖縄もこれから緊急事態宣言が出ると思うんですけど、何しろ人がいません」と助けを求められたから沖縄へ行った、」と明かした。

「“緊急事態宣言中で絶対に行かないといけない仕事だったのか?”という質問には、当時は感染に気づいていなかったことや、店の現状や今後について“『東京にいてわかる問題ではない』とハッキリ言われ、行かなくちゃいけないと思いました”と説明。一部報道にあった“沖縄で女性お持ち帰り”は、明確に否定しました」(前出の女性誌記者)

 また、退院後に行った散歩やジョギングについては「コロナの特性として血が濁ってしまうので危ない」「最低でも30分か1時間は歩いてくれ」と診断書が出ていたため行っていたのを面白おかしく報道されてしまった、と釈明していた。

■世間はもう石田に興味が無い?

「その内容はともかく、問題なのは動画の再生数と登録者数ですよね。

 15日20時30分の時点で登録者数が197人、再生数は1780回。高評価65に低評価117……。コロナで世間を騒がせてしまった芸能人が真相を語った動画としては、少なすぎますよね。世間は、好き嫌い以前にもう石田に関心がないのかもしれません……」(前出の女性誌記者)

 芸能人が問題を起こし、YouTubeを始めた場合、「YouTubeに逃げるな!」という反感もあって、大炎上へとつながることが多い。

 たとえば、20年3月にパワハラ騒動で事務所を事実上のクビになったTKO・木下隆行(48)は、同年4月1日にYouTubeチャンネル『木下プロダクション』を開設し、謝罪動画を投稿したが、同月3日に再生回数13万回を突破するも、高評価数400程度に対し、低評価数は2万以上となり、コメント欄も大いに炎上していた。

「テレビへの本格的な復帰はかなわなくても、YouTubeで成功した雨上がり決死隊・宮迫博之(51)も、チャンネル『宮迫ですッ!』開設当初は、1月29日に初投稿した謝罪動画が掲載から10時間後の時点で高評価3万7000、低評価数6万1000と散々な結果でしたが、再生回数は113万再生。注目度は圧倒的でした。これに比べると、石田の数字はちょっと……」(前同)

 かつて96年に、実際には言っていない「不倫は文化」発言で大バッシングされながらも、不死鳥のごとく蘇った石田純一。ふたたびの復活はあるのかーー?

関連リンク

  • 1/16 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • シュテるん

    1/16 20:11

    言い訳とかウザいからそのまま黙って死ねよ屑

  • ゴンザ

    1/16 19:29

    当然の反応だろ、いい年して反省も謝罪もできず、なにもスキルのない老人に興味をもつヒマ人はいない

  • いち(

    1/16 12:51

    『不倫は文化』言ってなかったのか(´▽`) こりやあ革命が起こるな。

記事の無断転載を禁じます