2020年ギャル流行語大賞「やりらふぃー」 「しか勝たん」「きゅんです」「ぱおん」も上位ランクイン

拡大画像を見る

TWIN PLANETは12月1日、「2020年ギャル流行語大賞」を発表した。調査はGRP-ギャル・リサーチ・プレスが実施。18~23歳の女性が利用するブログニュースサイトCROOZ blogやインフルエンサーより抽出されたデータを集約。

ギャル流行語1位となったのは「やりらふぃー」だった。「やりらふぃー」はTikTokから人気に火が付き、ギャルやチャラ男を中心に使われるようになった。楽しい時やテンションが上がった時に発する言葉で、「パリピ」に変わる言葉としても人気を集めた。

新型コロナウイルス関係は「密です」が8位に


2位は「しか勝たん」だった。好きなものをよりアピールする際に使用する言葉で、「○○に勝るものはない」といった意味合いで使われる。InstagramやTwitterなどSNSで使用され人気を博した。

3位は「きゅんです」がランクイン。「胸がきゅんとときめいた」を意味する言葉となっている。

4位以降は、ぴえんの派生語である「ぱおん(ぴえんこえてぱおん)」や「○○もろて」、「尊い」、インスタライブを意味する「インライ」と続いた。

8位は新型コロナウイルスに関する「密です」。以降、「親フラ」(親が来たフラグ)、「ギョプる」(サムギョプサルを食べる)と続いた。

ちなみに昨年のギャル流行語大賞のトップ3は「KP(ケーピー)」、「ぴえん」、「わかりみが深い」だった。

関連リンク

  • 12/1 20:17
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • うーん( ̄~ ̄;)どう考えてもそれぞれが一部でしょう?って感じ。ぴえんにぱおん、しか勝たんも結局個人のその時のであって、流行るほどの言葉では無いな。まだ尊いのがちょみっと解るけど。

記事の無断転載を禁じます