客の立場で店内を見渡すと… スーパーの店員の投稿に、考えさせられる

拡大画像を見る

スーパーマーケットで働くあとみ(@yumekomanga)さんは、レジを担当する中で起きた出来事を漫画化。Twitter上で公開しています。

店員としてでなく客として店内で買い物をすることもある、あとみさん。時折見かける光景を描いたところ、反響が寄せられました。

『見かけたもの』

桃など変色しやすい食品を指で押したり、陳列をくずして落とした商品をそのまま放置したりなど、買い物の際のマナーが気になるあとみさん。

ほかにも、魚をパックの上から押している人も見かけたことがあるそうです。

「新鮮なものを選びたい」という気持ちがあるかもしれませんが、商品を触りすぎるのは衛生的ではありません。

ほかの買い物客のことを考えて、できるだけ、買おうと決めた物だけ触ってほしいものです。

読者からは同じく「気になる」という声が多数寄せられました。

・焼き芋を直に指で1つずつ押している人を見ました。本当にやめてほしい。

・「自分さえよければいい」という考えからですかね。買うつもりがなくても誤って落としてしまったら購入したほうがいい。

・いろいろな人がいますよね。賞味期限が近い商品を買いたくないのは分かるけど、陳列をぐちゃぐちゃにするのはだめ。

購入する前の商品は自分の物でなくお店の物です。当たり前ですが、大切に扱うことを心掛けたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @yumekomanga

関連リンク

  • 9/25 11:58
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます