元ヒスブルメンバー、強制わいせつ致傷容疑で2度目の逮捕!!「性癖は治らん」「青春がまた汚れた」

拡大画像を見る

 2004年に解散した男女3人組バンド・Hysteric Blue(ヒステリックブルー)の元ギタリスト「ナオキ」こと二階堂直樹容疑者(41)が23日、強制わいせつ致傷容疑で埼玉県警朝霞署に逮捕されたことがわかった。

 一部報道によると、二階堂容疑者は7月6日午後、埼玉県朝霞市の路上で20代女性をわいせつな行為をする目的で押し倒した上で軽傷を負わせた疑い。女性が声を上げたためその場からいったん逃走したが、同月11日に朝霞署に出頭していた。

 二階堂容疑者が所属していたHysteric Blueは1998年にデビューし、「春~spring~」や「なぜ…」といったヒット曲をリリース。1999年には紅白歌合戦に出場したが、2003年に活動休止を発表した。その後、2004年3月に二階堂容疑者が強姦・強制わいせつなどの容疑で逮捕され、9人もの被害者がいたことが発覚したことから、バンドは解散。

 二階堂容疑者は逮捕後、2006年6月に懲役12年の実刑判決が確定して山形刑務所に収監され、2016年に出所。服役中には刑務所内で性犯罪の再犯防止プログラムを受けていたが、またもや強制わいせつ容疑で逮捕されてしまった。

■「更生の見込みなし」「また同じ事するぞ」の声も

 二階堂容疑者の二度目の逮捕にネットでは「性癖は治らんわな また同じ事するぞ」「青春がまーた汚れるのか」「更生の見込みなし」「刑務所の更生プログラムが無意味であることが証明された事件」「これ以上傷つく人が増えないためにもどうにかして欲しい」「ヒスブルは解散したのにこんな形で名前が出て他の元メンバーもいい迷惑だよね」「才能あるミュージシャンなのに情けない」「何人もの女性の人生を狂わせグループも解散させてしまったのにまだ懲りない」と厳しい声があがっている。

※画像はイメージです

関連リンク

  • 9/24 13:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます