手越祐也、早くも勢いが失速で“よからぬウワサ”が浮上「ますますファン離れが加速する」

拡大画像を見る

 ジャニーズ事務所時代に金塊強奪犯との2ショット写真が流出してしまった元NEWSの手越祐也だが、またまた脇の甘さを露呈してしまった。

「週刊新潮」(新潮社/9月24日秋風増大号)によると、カジノを含む統合型リゾート(IR)参入を巡る汚職事件に絡む証人買収事件で、贈賄側被告に対して衆院議員の秋元司容疑者の公判で偽証するよう依頼して現金提供を申し込んだとして、逮捕・起訴された会社役員の佐藤文彦被告との2ショット写真が流出。

 写真は昨年10月、手越が行きつけの都内の店で行われたハロウィンパーティーで撮影されたもの。手越は同誌の取材に応じ、佐藤被告の素性をまったく知らなかったことを説明している。

「昨年10月といえば、まだ、ジャニーズに所属していただけに、佐藤被告との2ショット写真が流出すれば大問題になったはず。6月に突如、ジャニーズを退所した手越だが、遅かれ早かれジャニーズを離れることになっただろう」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズを退所後、手越はYouTuberに転身し、すでに登録者は150万人に到達。8月には初の著書となるフォトエッセー『AVALANCHE~雪崩~』(双葉社)を発売したのだが……。

「YouTubeはそろそろ動画の“ネタ切れ”か、更新頻度が明らかに落ちている。フォトエッセーは過去にうわさされた女性タレントとの関係を実名で書き込んだことにファンが反発。初版は5万部だったが、売り上げは予想外に低調で初版にすら達していません」(芸能記者)

 YouTubeにはジャニーズ時代よりもはるかに高級なマンションに引っ越したり、高級外車を購入するなど羽振りの良さをアピールしている手越だが、ここに来て、良からぬウワサがささやかれいるというのだ。

「ビジネスの第1弾として美容サロンチェーンを10月にオープンさせることを発表。それなりのタニマチもいるようだが、なんと、金を持っていそうなファンとSNSでつながり、自身の事業に投資させているというから驚き。そのウワサが広まったら、ますますファン離れが加速する。いずれにせよ現状では、手越のテレビ復帰は難しいでしょう」(同)

 手越の前途は多難を言うしかなさそうだ。

  • 9/23 6:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます