嵐・大野智「激疲れ」発言録!二宮和也に「リーダーは休む傾向がある」

拡大画像を見る

 ジャニーズの人気グループ・嵐の大野智(39)、櫻井翔(38)、相葉雅紀(37)、二宮和也(37)、松本潤(36)が8月5日、都内で開催されたソフトバンクとの「5Gプロジェクトについての発表会」に出席した。

 嵐はソフトバンクとともに、5G(第5世代移動通信システム)時代の新プロジェクト「誰も見たことのない世界へ、一緒に。」をスタート。

 その第1弾として、嵐の楽曲『Love so sweet』をファンと一緒にバーチャルで歌唱するという「5Gバーチャル大合唱」が企画された。その様子は8月7日より公開中の新CMで見ることができる。

 会見の中でメンバーの二宮は、「大野さんは歌っていないときに休む傾向があるので、コレでチェックします」とコメント。これに櫻井も「それも分かっちゃうっての、今までになかったことかも」と乗っかり、大野は「難しい時代ですね」「今まで助かってたのに」と困惑しながら切り返し、笑いを誘った。

「大野といえばこれまで、“やる気がない”、“疲れた”といった発言や表情が話題になることもありました。そもそも嵐が活動休止を決めた理由は大野が“自由な生活がしてみたい”とメンバーに切り出したことがきっかけです。

 大野は心身ともにボロボロで、数年前から芸能活動に疲弊していたと言われています。来年以降は沖縄の宮古島など南の島に移住して、リフレッシュを図るという話もあります」(芸能記者)

■十数年前から辞めたがっていた

 2015年9月、『FRIDAY』(講談社)が大野とタレントのNさんが半同棲している報じた際、大野は会見を開き、「友人の1人。おつき合いも一切していません。もう会うこともございません」ときっぱり否定した。

「このような過去も大野の心身にダメージを与えた可能性もありますよね。また、大野は10代の頃からジャニーズ事務所を辞めたがっていたというエピソードもあります。他にも大野の“やる気ない”発言は枚挙に暇がないんですよね」(前出の芸能記者)

 ジャニーズJr.時代、嵐への加入を薦めるジャニー喜多川氏に対し、大野は「ジャニーさん。俺、ダンスをしたくて(事務所に)入ったけど、もう極まったから辞めたいんだけど……」と言ったという大野。

 また、今年1月3日放送の『嵐ツボ』(フジテレビ系)でのトークで「十何年前から辞めたいと思っていた人間だから、そこでいろんな状況もあり、俺の感情を分かってくれる4人がずっといた状況もあったから」と、十数年前から辞めたがっていたという思いを明かしている。

■「2年働いて休みだから」

 2019年1月27日、5人で記者会見を開き、活動休止を発表した嵐。その直後の収録で大野に“休止ネタ”を振って炎上したケースもあった。

 お笑いタレントのカンニング竹山(49)が大野をイジった発言が、ファンから「失礼で不快」だと批判を浴びてしまったのだ。この発言があったのは2019年2月21日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)でのこと。

 最初の対決「キッキングスナイパー」で、進行役の中村光宏アナウンサー(35)に意気込みを聞かれた際、松本は大野の肩に触れつつ、「白い(パーカーを着た)人がちょっと、今日やる気ないんですよ」と言うと、「じゃんけんしてね、“じゃあ、順番どうする?”って聞いたら、“どっちでもいいや”って」と、大野の無気力な態度を暴露した。

 これに竹山が「リーダー分かっていると思うけど、まだ休み入っていないからね! まだ働くんだから、いろいろ」とツッコミを入れると、櫻井は「そこイジった最初の人です」と驚いた。さらに竹山が「2年働いて休みだから」と念を押すと、大野はうつむき気味にうなずいたのだ。

 この竹山の発言に、一部の嵐ファンから「カンニング竹山ってスゴく失礼で不快です! 智くんは仕事をしたくないから休むのではないし。バラエティだからって何を言っても許されるわけではないですよね!」といった声が上がってしまった。

■涙ながらに感謝を述べた大野

 大野の無気力発言はまだまだある。

 2016年9月17日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に出演した俳優の坂上忍(53)は、生放送のCM中に絶叫するというストレス発散法を披露。その際、話を振られた大野は「生放送は怖いから、極力なんもしゃべりたくない」と、正直な心境を暴露し、坂上から「ひどい!」と、ツッコまれていた。

 そんな大野に櫻井が叫んでみるよう促すと、大野は「すみません、今すぐ帰っていいですか!?」と絶叫。大野らしい叫びに、坂上や他のメンバーは爆笑していた。

「“辞めたい”、“無気力”が大野の性質のように思われるエピソードが多いですが、実は自身のことを理解し、他のメンバーやファンにも愛されていることを語ったこともある。2019年12月25日に東京ドームで行われたツアー最終公演で大野は、“ツアーの最中に(活動)休止発表させてもらいましたけど、発表後の4月からのツアーは正直、不安でした。正直、怖かったです”と切り出した。

 続けて、“でも、本当にみんなが本当に優しい目で僕らを見ていてくれたから。本当に優しい顔で、見守ってくれたから。僕は今日、最後までやりきることができました”と涙を流しながら語りました。さらに、“今日まで4人の支えがなかったら、ここまで来られなかったし、4人にも感謝してます。この決断は僕にとって、本当に命がけでした……”と感謝の言葉を述べたんです。

 メンバー、ファンにとっては涙なくしては語れないコメントです。普段は無気力でやる気のないように見える大野ですが、心の奥底ではメンバー愛、ファンへの熱い思いを抱いているのではないでしょうか」(前同)

 活動休止までのカウントダウンが始まり、今後ますます多忙になる嵐の5人。リーダーの大野には最後まで全力で駆け抜けてほしい!

関連リンク

  • 8/15 11:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます