おぎやはぎ・小木博明、腎細胞がん告白に“世界一かっこいい”の声

拡大画像を見る

 8月13日深夜のある発言に、日本中が驚愕した。

「腎細胞がんです、って言われちゃったの俺。告知されたよ。がん告知よ。びっくりしたよ。本当に」

 と告白したのは、おぎやはぎの小木博明(48)。冠番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ毎週木曜日25時〜)の同日の放送で、突然の発表を行った。

「この日の放送は、3週間ぶりに小木さんが復帰する生放送の回でした。それだけにクソメン、クソガールと呼ばれるリスナーたちも楽しみにしていたので、放送終了直後は、ツイッター上が大騒ぎになっていましたね」(WEBライター)

 小木は、持病の偏頭痛の治療と夏休みのため、7月23日~8月6日まで番組を3週間休養。その間、相方の矢作とゲストでしのいでいたが、8月11日に小木が仕事に復帰。この日のラジオ放送に臨んだのだが、番組は小木と矢作がイチャイチャとふざけるところからスタート。

「小木さんの休養中、矢作さんが毎回まったく似ていない小木さんの声色でしゃべり、“だまされたなー! 本当は矢作でしたー!”とバラすのがお約束でしたが、この日もそのスタイルは踏襲。小木さんのふりをする矢作さんにつられ、なぜか声を変えて話す小木さんとの“お前誰なんだ”“お前こそ誰だ”というやり取りを経て、“俺だろ小木は、お前こそ誰なんだよ”、“この声小木だろ、お前まさか本物の小木かよー”“俺は、偽物の小木。小木帰ってきたんだね!”という矢作さんの祝福で終わりました」(WEBライター)

■金属バットで殴られる一歩手前の痛み

 その後も、話題は小木の入院中の生活に。

「小木さんの偏頭痛はかなりひどく、金属バットで殴られるのを10とすると、ピーク時は8か9までの痛みになるそうです。それを本格的に治療するために入院したわけですが、最初の三日三晩はその8か9の痛みを我慢するだけ。食事も取れず、眠れもしなかったといいますから、その壮絶ぶりが伺えますよね」(前同)

 ただ、その中でもさすが小木というべきか、潤いはあったという。

「現在のコロナの状況の中、病院の面会は禁じられていて、患者も一切外には出られない。そうなると、小木の言葉によれば“看護師に対する欲しかなくなっちゃう”と言います(笑)。10日以上の入院だったそうですから、特別な感情を抱くようになり“告白までは行かなかったけど。いつしようかとは悩んだんだけど”と話していました」(女性誌記者)

 おぎやはぎの2人のやり取りは、こう続いた。

小木「その辺の恋の行方も後半話そうかな。ちょっといろいろあったんだよな。言えなかった事情とかも」
矢作「なんで後半に続くなんだよ」
小木「ためたいよな、ここは」

 その後も番組は進行していったが、残り4分となったところで、矢作が「で、さっき言ってたその後半に続くの話は?」と小木にうながし、冒頭の衝撃の小木の発言となったのだ。

■矢作「すっごい話すんなよ、お前…」

 小木が語るところによれば、予想以上に偏頭痛の治療がうまくいき、時間が余ったため、小木はいろいろと調べたい、と思って医師に相談。エコー検査を受け、翌日に精密検査を受けた小木は、医師に個室に呼ばれたという。その場には看護師もついてきてくれたという。

 以降の、おぎやはぎの2人の会話はこうだ。

小木「で、まあ俺ちょっと、えー」
矢作「やばいやばい」
小木「と思ってさ。でも、やっぱり好きな看護師だから、うろたえたくないし」
矢作「またかっこつけて」
小木「そう、で“何かなあ、個室なんて。別に言ってくれりゃあ良いのに”って。で、個室でさ、看護師さんも一緒に入ってくれるわけ。泌尿器科の先生もいてさ、なんかこう画面、モニターもあんのよ。で、こう言われたの。
 じん、えー腎細胞がんです」
矢作(しばらく沈黙の後に)「はっ?」(あまりのことにその後ちょっと笑う)
小木「腎細胞がんです、って言われちゃったの俺。告知されたよ。がん告知よ。びっくりしたよ。本当に」
矢作「今までの流れだと絶対ボケる内容じゃねえかよ」
小木「いやいやだからびっくりして、こっちも」
矢作「腎細胞がん、って?」
小木「がんよ、腎臓がんよ、だから言ったらもう」
矢作「はあ?」
小木「5センチ以上あるのよ。ステージ1だからね。だから大丈夫なんだけど」
矢作「ステージ1…」
小木「だからびっくりしちゃってもう。でも看護師いるから、後ろに俺の。かわいい看護師いるから俺も“あーそうすかあー”つって(笑い声)。“どうしたらいいすかあ”、って。俺もうろたえたくねえから、もう」
矢作「すっごい話すんなよ、お前…」
小木「本当にびっくりしちゃって。それで看護師ももうなんかクスクス泣いちゃってる感じなの。だから俺もかっこつけたいし、でもビビってるし、俺も。でもこれほんとでもね、こんな時間になっちゃった。とりあえずみなさん、検査は行ったほうがいいね」
矢作「だし…」
小木「来週休みますよ。再来週も。手術する!」(叫び気味に)
矢作「さよならー」
小木「さよなら!」

 と、番組は終了した。

■「今年受けなかったら、もう先生たちにね、死んでたかもね、って」

「あまりに唐突で、心の整理がつかないままに終わってしまったので、何がなんだか…という感じでした。その後、所属事務所のホームページにお知らせが掲載され、TBSラジオにも『アフタートーク』として、放送後のおぎやはぎの2人のトークがアップされました。そこでの小木さんが本放送で時間がなくて語れなかった話をしています」(前出のWEBライター)

 小木は『アフタートーク』で「もしかしたら、だからほんと今年受けなかったら、もう先生たちにね、死んでたかもね、って」と語っており、偏頭痛で入院したことで腎細胞がんが発覚したことから、「偏頭痛すら愛おしい」と思う、という心境の変化を語っている。

■“世界一格好いい発表だったな。また待ってます。”

「本当にみんなが思うやつ。俺ががんなの、って。発想にないのよ。みんながかかる可能性がある病気だから、検査は受けたほうがいい。この“検査をしろ”ってことで、俺全国回ろうと思う」(小木)

 と冗談めかして話したものの、矢作の「美味しいもの食べた時に人にも勧めたくなるような」という言葉に、

「そうそうそう、そういう気持ちになるのよ。不思議と。なった人あるある。俺もさ、やっぱりネットとかで見るのよ。不安になったりさ、体験談とか色んな話を聞いて勇気づけられるわけ。俺はそういうなんかやっていこうと思って。みんなに伝えていきたいし。本当に今日も言わせてもらったのもね」

 と語っていた。

「悪ふざけだったり、テレビでの思いきった発言ばかりが取り上げられる小木さんですが、検査を受けてほしい、というのは心底からの発言でしょうね。ラジオの放送後、『ゴッドタン』など数多くの番組でおぎやはぎとタッグを組んできたテレビ東京の佐久間宣行プロデューサーは“世界一格好いい発表だったな。また待ってます。#meganebiiki”とツイート。多くの人が賛同しているのではないでしょうか」(WEBライター)

 矢作が、アフタートークでポツリと漏らした「お前、すげえなー」という言葉に、うなずく人は多いだろう。手術のための休養に入る小木の復帰を待ちたい。

関連リンク

  • 8/14 9:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます