ヒロミもお手上げ? 松本伊代の超顔面変化に騒然「めっちゃ腫れてない?」

拡大画像を見る

 タレントの松本伊代(55)が8月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。顔面の様子が不自然だと、多くの視聴者をザワつかせたようだ。

 今回の放送は、“2世芸能人を育てた親SP!”と題し、ゲストが子どもの芸能界入り秘話を語るという内容。松本は長男の小園凌央(24)が親の存在を隠して勝手に芸能界入りしたと明かした。

 松本によると、小園がネットのオーディションに合格し、最終審査の面接を受けたのだが、未成年のため親が同席する必要があったという。そこで松本が付き添ったのだが、“松本伊代”であることを隠すため、すっぴんでマスクをしていったと振り返った。

 それでも松本は声に特徴があるため、質問に答えると“松本伊代”だとバレてしまうと心配していたのだが、最後まで面接官は分からなかったという。すると、松本は「最後まで私って分からないのは、どうなんだろうって」と、芸能人としての自尊心が傷ついたとポツリ。

 そこで、マスクを取って「よろしくお願いします」とあいさつしたのだが、面接官に“松本伊代”だと気づかれることなく面接が終わったと、納得がいかない様子で語っていた。

 さらに、次男も芸能界に入りたがっていて、「有吉になりたい」と言っていると発言。この次男の言葉に、浜田雅功(57)が「面白い」と苦笑いし、松本人志(56)が「そんなもん、呼び捨てですからね」と、次男の有吉弘行(46)に対する失礼な呼び方をイジると、スタジオには微妙な空気が流れていた。

■年齢的に仕方がない?

 しかし、視聴者を微妙な空気にしていたのは、次男の発言ではなかった。それは、母親の松本伊代に対するもので、「伊代ちゃん、顔が膨らんでる。どうしたの?」「松本伊代の顔の激変を目撃してしまい、真顔になりました」「ヒロミさん止めなかったのかな?」などと、顔面の様子が不自然だという声が相次いだ。

 松本の顔面の変化は以前もネット上で何度か話題になっていて、16年放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)に出演したとき、「顔が突っ張っている」などの声が。若返ろうと頑張りすぎて、その結果が裏目に出たなどと噂されていた。

 また、18年放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演したときは、今回のように顔がパンパンに膨らんでおり、「伊代ちゃん表情が固まってんじゃん」「顔強張りすぎて怖い。注射しすぎか?」などと、お手入れのしすぎではないか、と噂されていた。

 あくまでも視聴者の推測で、実際のことは分からないが、視聴者が「松本伊代さん55歳やで、“伊代はまだ16”とか言っていた頃から40年近く経ってるんやで……」とフォローする声もあるように、『センチメンタル・ジャーニー』のままではいられないのかもしれない。

関連リンク

  • 8/13 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • グン

    8/28 12:32

    整形失敗作。かなしいな

  • いち(

    8/13 13:08

    まだ16才なんだよ(´▽`)

記事の無断転載を禁じます