「コロナはただの風邪!」と叫ぶ変な人がいつの間にか集団化!? “山手線ジャック”でマスク客を威圧 見て見ぬふりをした警察の責任は大きい

ジャックされた山手線(写真はイメージです。ジャックされたそのものではありません)。

【山手線に乗っちゃダメ。ヤバいフェスが渋谷で】

【20時から100人でマスクなしで渋谷から山手線に乗るデモ?が行われるみたいなので山手線乗ろうとしてる人要注意】

などメッセージが実家の妹から送られてきたり、LINEグループで流れてきたりしていました。

8月9日、マスクをつけない集団が山手線に乗り込んで、マスク着用の客を威圧する「山手線クラスタージャック」が開催され、トレンド入り。

実は、当サイトでは、二ヶ月前に報じていました。

参考記事:「そもそも東京アラートって何だよ」 歌舞伎町住人たちは都の『練り歩き』を冷ややかに見ていた 「コロナは単なる風邪」という看板を持つ人も

「コロナはただの風邪」とのキャッチコピーで7月に東京都知事選挙に立候補した平塚正幸氏が率いる国民主権党が主宰した第10回渋谷クラスターデモが、8月9日の16時から19時頃まで渋谷スクランブル交差点駅前広場で開催されました。

その後に「山手線クラスタージャック」を実行する旨が拡散された結果、冒頭のようなメッセージが筆者のスマホに多く届いたのです。

それにしても「コロナはただの風邪」の勢力が驚異的に伸びています。街頭活動の人数は二ヶ月で100倍に急成長しているのです。

二ヶ月前の6月に当サイトで初めて報じたときは、平塚正幸氏は一人で活動していました。

「コロナはただの風邪、うつしてください」

このように書かれた紙を頭上に掲げて、首に青筋を立てて叫んでいました。段ボールにマジックペンで書いた紙を貼るような自家製プラカードのようなものを使用していた黎明期の平塚正幸氏を、東京アラートが出された警察官も東京都のマスク配布部隊も、スルーしていました。

コロナ対策にマスク着用を推奨して練り歩きながら、マスクを配布する東京都、保健所関係者、街の平和を守る警察官はなぜスルーなのでしょうか。

交番勤務経験もある近くの機動隊員はこう語りました。

「ちょっと危ない人は注意するけど、かなりヤバい人は、注意しないでスルーっすね。かなりヤバい人は、人数揃えてからでないと危ないから。警らは、2人組か3人組の警官で行ないますから、応援呼んで5人以上にしないとヤバい人に関わらないようにしているのです」

しかし、今後組織が大きくなったら、機動隊の方も他人事ではなくなります。(文◎安倍しんのすけ)

関連リンク

  • 8/12 13:50
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 例えコロナじゃなくて風邪だったとしても、うつしてくださいってカード持って歩いてたら、ただの変人。 関わりたくない。

  • 脱走兵

    8/12 21:12

    風邪だって他人にうつす事を気にしないヤツは排除の対象だ。ブラジルのファベーラにでも移住してくれ。

  • いち(

    8/12 18:34

    ただの風邪でも市販薬では治らない。治すのは人間の治癒力。主張は大いに賛同するがやり方が間違ってると思いますね。

記事の無断転載を禁じます