ヒロミ、浜田雅功との30年前の確執を否定「まわりがそういう雰囲気だった」

拡大画像を見る

 8月5日放送の『バナナサンド』(TBS系)に、タレントのヒロミ(55)が出演。ブレイクした当時の、ダウンタウンとの仲について語る場面があった。

 この日のトークの中で、ヒロミがダウンタウンやウッチャンナンチャンらと“お笑い第3世代”として活躍していた際の話題になり、バナナマンの設楽統(47)が、当時のダウンタウンとの仲について質問。ヒロミは「ダウンタウンって本当に関西のスターで。東京に来て、第3世代(を集めた企画)みたいなので、いろんな番組とかでも会うじゃん」と、共演する機会が多かったことを明かした。

 これに設楽が「(ダウンタウンと)バチバチじゃないんですか?」と、不仲ではなかったのか尋ねると、ヒロミは「全然そうでもないんだよね。一緒に番組もやってたし」と、すぐに否定。だが、その説明がにわかには信じられなかった設楽は「なんか、浜田さんとかとモメそうじゃないですか?」と浜田雅功(57)との関係について質問した。

 それに対し、ヒロミは「意外とそんなことはなかった」と答え、「(一緒に)メシも行ってたし。浜ちゃんが結婚したから、“じゃあ、お祝いでメシ行こう”とか言って。内村(光良/56)もいた」とウッチャンナンチャンも交えて仲が良かったことを回顧。

 それに驚いたバナナマンの日村勇紀(48)が「信じられない! (その3組は)絶対まざっちゃダメって思ってるから」とかねてより抱いていたイメージを語ると、ヒロミは「俺らよりか、まわりのほうがちょっとそういうような雰囲気があった」と当時を振り返り、あくまで芸人同士は仲が良かったことを強調していた。

■不仲の原因はキャラかぶり?

 バナナマンやサンドウィッチマンはこうしたヒロミの話を興味深そうに聞いていたが、視聴者からも反響が続出。ネット上では「ヒロミさんは第3世代の誰とも仲良いイメージあるわ」「第3世代のメンバー豪華だよね」「お笑い第3世代の話は胸熱」などといった第3世代に関するコメントが相次いでいた。

 当時、活躍していたヒロミ、ダウンタウンの浜田、とんねるずの石橋貴明(58)は互いに不仲だったというイメージがあるが、キャラがかぶる部分があり、共演機会が少なかった。そのことで、周囲が不仲であると勘違いをしていったのだろう。

関連リンク

  • 8/12 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます