山下智久「特大ブーメラン発言」とタッキー“非情制裁”の可能性!

拡大画像を見る

 8月7日付の『文春オンライン』が山下智久(35)の女性スキャンダルを報じた。山下が高級ホテルに17歳の女子高生モデルを“お持ち帰り”したというものだ。

「記事によると、山下は7月30日、東京・港区のバーでKAT-TUNの亀梨和也(34)と共通の知人を交えて飲み会を行ったそうです。しかし、その場には2人の未成年女性が含まれていた。その後、そのうちの一人である女子高生モデル・A子さんが山下が宿泊するホテルを訪れ、2人は約8時間ほどホテルに滞在したと報じられています。

 『文春オンライン』がジャニーズ事務所に取材したところ、山下と亀梨は未成年の飲酒に関与していないこと、当人たちに未成年者と飲酒したという認識がないことを強調する一方で、山下とA子さんのホテル宿泊については言及されなかったそうです。すでにネット上ではお相手女性の特定が始まっており、大変な騒ぎになっています」(ジャニーズに詳しい女性誌ライター)

■「どうして」「ウソだろ…」ファンを裏切った山下智久のあの発言

 アジア人で唯一キャスティングされ、全編英語台詞で挑んだ「Hulu」オリジナルドラマ『THE HEAD』(全6話)がこのほど完結し、世界各国で大きな反響を呼んでいる山下。本格的な世界進出ののろしを上げた矢先の衝撃的なスクープに、SNS上では「どうして」「ウソだろ…」と動揺が広がっている。

「10代のころから数々の美女たちと浮名を流してきた山下ですが、『THE HEAD』で世界水準のチームと仕事をしたことで、最近はもっぱら仕事熱が高まっている様子でした。実際に7月17日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際にも、“今はどちらかというと、恋愛よりは仕事しているほうが楽しかったりするので、(恋愛に)あんまり興味がなくなってきてしまっている”と発言していましたから、ファンもそっち系のスキャンダルはしばらく出ないだろうと安心していたんです。

 今回の報道が事実ならば直近の発言との整合性がとれませんし、未成年との飲酒問題も絡んでいるとなると、単なるスクープでおさまる話ではありません。記事には“お相手の女性が年齢を偽っていた”という趣旨の記述もあるため、情状酌量の余地はあるとは思いますが……」(前同)

 気になるのはジャニーズ事務所の対応だ。昨年9月に滝沢秀明氏(38)が副社長に就任して以来、スキャンダルを起こしたタレントには徹底して厳しい処分を下してきた。

■“山ピーだから特別って訳にはいかない”という声も......

「今回と同様のケースとして思い出されるのは、約2年前のNEWS小山慶一郎(36)の一件です。酒宴に同席していた女性が未成年であることを知らずに飲酒。小山は活動を自粛することになり、8年間務めてきた『news every.』(日本テレビ系)のキャスターも降板することになりました。報道が事実だった場合、山下も相当の処分はあってしかるべきでしょう。いくらジャニーズ屈指の人気者で、貢献度も高い山下とはいえ、お咎めなしでは、小山をはじめとした他のタレントに示しがつかず、ファンも納得しないでしょう。

 すでに“山ピーだから特別って訳にはいかない”という声も上がり始めていますし、ジャニーズの風紀の乱れが指摘されつつある昨今、より強い制裁、つまり“退所”という選択肢もゼロとは言えないのでは……。もともと滝沢副社長に憧れて事務所入りしたという山下ですが、今回の件でリスペクトする滝沢氏から“非情な裁き”を受けることになるやもしれません。同席していた亀梨の処遇も気になるところですね」(同)

 万が一、退所となれば各方面への影響は必至。数々の伝説を打ち立ててきた“修二と彰”の去就はいかに――。

関連リンク

  • 8/12 8:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます