『ハンディ扇風機』が発火する恐れあり! 中国製の携帯扇風機を“充電したまま”に注意 留守中にもし発火していたら…

画像はイメージです

暑い夏のお出かけに大活躍する「ハンディ扇風機」。近年、見かける機会も多い便利アイテムですが、充電中に発火するという事故が発生し、被害にあった人物が注意を呼びかけています。

8日、Twitterにて『危険! 注意! 7月末にAmazonで購入した中国製の携帯扇風機ですが…』といった言葉とともに、黒焦げになったハンディ扇風機の写真が投稿されました。投稿者によると、充電中に突然大きな音をたて発火したそうで、写真に写る扇風機は原形をとどめていないほど溶けてしまっています。床も焦げ、危うく火事になるところだったといい、『人気の携帯扇風機、危険な事故が無いように取り扱いに注意です』と呼びかけていました。

そのツイートがこちら。

関連記事:スパイ携帯を日本はいつまで売るのかな? と思っていたら急に締め出すような記事が出てきた

このツイートはすぐに拡散され、その危険性を目の当たりにした人たちからは「怖い。製品は安全であることが基本ですな」といった声をはじめ、

「もしも家で充電したまま外出していたら? と、考えたら震えましたわ。ご無事でなによりです」

「Amazonは本物か偽物かわからないものを売っているから機器類に関してはあまり信用できないですよね」

「同じと思われる物を購入しました…気に入って毎日使用してましたが怖いので捨てようと思います」

「安価なものは得てして安全性や耐久性をないがしろしているから気を付けたほうが良いですな」

「モバイルバッテリーとかも、充電してる間は、なるべく近くにいるようにしてます。大げさかなとも思っていたけど、実際にこういうのを見ると…」

といった声が寄せられていました。

参考記事:部屋は煙に包まれ、床は黒焦げ……なぜ? モバイルバッテリーが置いていただけでいきなり爆発!

また、中には、

「この扇風機回収されています。私も便利そうと思い購入したら発火のおそれあり回収するので使用しないでくださいと電話がありました。本当に燃えるとは…」

といったコメントも寄せられており、一部では発火の危険性がある商品として認識されていたようです。

現在、該当商品はAmazonのサイトから削除されているとのことですが、すでに購入者も多くいることでしょう。同じ商品に限らずとも、異常を感じたらすぐに使用を取りやめるのが賢明です。(文◎絹田たぬき)

あわせて読む:正直「ビミョーーー!」 Google新スマホ『Pixel 4a』の価格と性能に待ちすぎてガッカリ iPhoneと中華スマホの笑う顔が見える

関連リンク

  • 8/11 16:55
  • TABLO

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • まる☆

    8/13 12:38

    こわっ。確かに万充電してもオートオフにならない機器がたまにある。しかも安くもないのに。気を付けなきゃダメだね

  • ヤン中佐

    8/13 8:54

    ハンダ付け不良は中国のお家芸だけどな。出火原因はそれが濃厚。

  • あきひろ

    8/12 20:55

    品が無い。

記事の無断転載を禁じます