長瀬、斗真、TOKIOの次!J「退所・結婚・解散」大渋滞の衝撃!!

拡大画像を見る

 2019年9月に元関ジャニ∞の錦戸亮(35)、今年3月に元SMAPの中居正広(47)がジャニーズ事務所を退社。そして来年3月にはTOKIOの長瀬智也(41)も退所することが発表され、ジャニーズ事務所は今、タレントの流出が止まらない状況にある。

 芸能プロ関係者は話す。

「やはりジャニー喜多川氏が亡くなったことが大きかった。ジャニーズタレントの多くがジャニー氏のカリスマ性に惹かれて入所し、ジャニー氏が見出してくれてスターになることができたんです。ジャニー氏がいるから事務所に留まっているタレントも少なくありません。

 今、関係者の間では“長瀬の退所は終わりの始まり”と言われています。それは、今、さまざまな退所、解散の話が話されているからです。解散話では、現在、大倉忠義(35)の体調不良問題で揺れる関ジャニ∞は、錦戸が退所することが決まったあと、一時グループの将来が見えなくなり、“解散させてほしい”と上層部に言いに行ったといわれています。それに対する返答は、“辞めたいという意向は分かったが、本当に辞めるまでは5年はかかる”といったものだったという話なんですが……。

 2016年にSMAPが解散し、今年で嵐が活動休止、来年3月には長瀬が抜け、TOKIOが事実上の活動休止に入ると、“ジャニーズ帝国が崩壊しつつある”と受け止められかねない。加えて、退所者が続出しており、さらに結婚するタレントも増えてきています。

 ジャニーズ内部には解散、退所、結婚などの大きな動きを起こすには順番を守る必要があるといいます。その順番を無視して強引に動こうとすると、造反や裏切りということになってしまうとのことです」

■引き止めないが「順番は守ってほしい」

 TOKIOは今年がデビュー26周年、ジャニーズ内部の“順番”の序列ではかなり上だということだろう。長瀬が退所することに加え、城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)の3人は「株式会社TOKIO」を設立し、2021年4月からは社内独立をすることになる。

「これまでは退所や解散、結婚についてもタレントが希望したからといってなかなかできるものではありませんでした。しかし、昨今は個人の権利、働き方が重視される時代です。

 職業選択の自由もあるし、ジャニーズ事務所に公正取引委員会の調査が入ったことなどもあり、事務所の上層部も、退所したい、解散したいというタレント側からの要望をシャットアウトすることはできません。

 ここ数年で事務所上層部が必死になって、本気で活動休止や退所を止めようとしたのは嵐とTOKIOだけという話ですね。この2組は現社長がデビューのときから育ててきたグループですからね。

 彼らも含めてですが、タレントに対しては、社会情勢を考えると強く引き止めることなどはできないんです。ただ、ファンや対外的に大きなショックを与えないために、“順番は守ってほしい”というのがジャニーズ事務所サイドの切実な願いのようです。現在、ジャニーズ内部は一連の動きについて、長い“順番待ち”の列ができているといいますよ……」(前出の芸能プロ関係者)

■17歳モデル連れ込み報道の山P

 錦戸、中居、長瀬の3人ついては、ジャニー喜多川氏が亡くなる前後からグループ脱退や事務所退所について、多くの週刊誌やスポーツ紙が報じてきた。

「実際に、報道があった3人とも退所したわけですから、今後もこの流れは続いてしまうのではないでしょうか。関ジャニの大倉はストーカー被害に苦しんでいて、錦戸に退所が報じられた際にも“次は大倉だ”と、さんざん取り沙汰されましたよね。

 また、山下智久(35)は17歳の女子高生モデルをホテルに連れ込んだというスキャンダルが報じられたばかりですが、彼は今後、海外での役者活動に力を入れていく予定だといいます。

 すでに、ハリウッドスターのウィル・スミス(51)の家族のマネージメント会社とアメリカやカナダなどにおけるマネージメントの一部業務委託を行っていますし、最近は、日欧共同製作のドラマ『THE HEAD』(hulu)にも出演しました。今回のスキャンダルのこともあり、今後、事務所を退所し、海外に拠点を設けて活動していくというのも時間の問題かもしれません」(女性誌記者)

 2月28日発売の『FRIDAY』(講談社)では、Hey!Say!JUMPの知念侑李(26)も“退所予備軍”に挙がっていると報じている。

「KinKi Kidsの堂本剛(41)もジャニー氏がいたからこそ事務所に残留していたタレントの筆頭で、8月7日発売の『FRIDAY』(講談社)でも、次にジャニーズ事務所を退所する可能性がある人物として名前を挙げられています。彼は自分で作詞作曲もできますし、業界に仲間も多く、何よりファンがしっかりついていますので、事務所を離れたとしてもソロミュージシャンとして何不自由なく活動ができるのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

■中居の円満退所というモデルケースも

 2019年4月の『週刊女性』(主婦と生活社)では、V6の岡田准一(39)は「アイドルでいることに悩んでいる」と報じている。

「岡田が“俳優としての評価は自分がジャニーズだから。役者として本当に価値があるのか分からない”と周囲に相談していたといいます。岡田はアイドル活動をしたくないと考えていたのかもしれません。V6は今年がデビュー25周年でグループの活動は活発ですが、来年以降、何か動きがあることも考えられます。

 また、関ジャニの村上信五(38)も今は司会業がメイン。中居というモデルケースもありますから、ジャニーズ事務所とはいい関係を築いたまま、独立するという選択肢もありますよね。

 また、グループの解散や活動休止で言うと、SMAP、嵐、TOKIOに次いで、関ジャニの名前も頻繁にメディアには挙がっている。さらに7月27日の『FRIDAYデジタル』では、少年隊の錦織一清(55)も危ないと報じています。

 少年隊は事実上活動休止状態ですが、実際に錦織が退所となれば、グループ自体も解散ということになるのではないでしょうか。加えて、キンキもV6も、剛と岡田が抜ければグループとしての活動は厳しくなりますよね」(前同)

■櫻井、相葉、坂本、三宅…

 これまでジャニーズタレントの結婚はタブーとされてきたが、ここ最近は適齢期を迎えれば結婚も許される風潮にある。

「ただ、結婚も“順番”を守らなければならない。6月1日に生田斗真(35)と清野菜名(25)が結婚を発表しましたが、それもある一定の期間を置いての結婚発表。

 その前には2019年11月に嵐の二宮和也(37)が、9月にTOKIOの城島が結婚していますが、“1グループ1年に1人”といった暗黙のルールがあるとも言われていますよね」(民放キー局関係者)

 結婚間近だとささやかれているジャニーズタレントは、慶応大学の同級生との婚前旅行が報じられた櫻井翔(38)、7年以上にわたって一般女性と交際を続けている相葉雅紀(37)、元宝塚トップスターの朝海ひかる(年齢非公表)との親密交際が報じられた坂本昌行(49)、モデルの比留川游(34)との交際が報じられた三宅健(41)など。

■有岡も結婚の順番待ちに並んでいる!?

「さらにHey!Say!JUMPの有岡大貴(29)も女優の松岡茉優(25)との交際が報じられていますが、すでに彼も、ジャニーズ内の結婚の“順番待ち”の列に並んでいるのかもしれませんね。

 また、結婚と退所、そして解散が同時にOKともならない。マスコミに大きく取り上げられる動きは時間を置いて、ということですから、タレント本人が希望していても、どんどん先延ばしになってしまいます。

 そうなるとタレントは徐々に事務所に不満を抱き、それは事務所としての組織の“よどみ”になりかねない。それが今、タレントの退所やグループ解散、活動休止となって、次々と顕在化してきてしまっているのかもしれませんね」(前出の民放キー局関係者)

 多くのベテラン所属タレントに変化が起こっているジャニーズ事務所。カリスマ・ジャニー喜多川氏の逝去、若手の売り出しに力が注がれる今、それは致し方ないことなのかもしれない――。

関連リンク

  • 8/10 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます