山下智久と石原さとみガチ熱愛証明!?『HEY!HEY!NEO!』の不自然カット

拡大画像を見る

 8月1日に放送された『HEY!HEY!NEO!』(フジテレビ系)に山Pこと山下智久(35)が出演。新曲『Night Cold』披露のほか、2か月の長期休暇中の海外エピソードや、山下が出演したフジの名作月9ドラマ名場面集などが放送されたのだが、一部に不自然なカットがあったと指摘する声があった。

「これまで数多く出演してきた山下主演のドラマが紹介されたんですが、15年『5→9~私に恋したお坊さん~』だけが、ヒロイン・石原さとみ(33)の映像はおろか、名前すら流れませんでした。しかも、紹介されたのは“山下がお坊さんの格好で流ちょうな英語をしゃべる”という恋愛ドラマの紹介としては違和感のあるもの。他のドラマは、ヒロインとの関係や名シーンもしっかり紹介されていたんですが……」(女性誌記者)

『私に恋したお坊さん』以外に紹介されたのは、07年に長澤まさみ(33)ヒロインの『プロポーズ大作戦』、09年の北川景子(33)ヒロインの『ブザービート』、13年の香里奈(36)ヒロインの『SUMMER NUDE』、08年以降シリーズ化した医療ドラマ『コード・ブルー』シリーズでも戸田恵梨香(31)と比嘉愛未(34)の映像がそれぞれ使われており、『私に恋したお坊さん』の不自然さが際立ってしまった。

■かつて熱愛が報じられていた山Pと石原

「別に不祥事を起こしたわけでもない石原の存在が、ばっさりカット。名前すら出ないのには驚きましたね。これについて、“石原と山下の交際が関係しているのでは”とする声もあります」(専門誌記者)

 石原は、18年4月下旬に動画配信サイト『SHOWROOM』を運営している前田裕二社長と沖縄旅行していたことを当時の『週刊文春』(文藝春秋)に報じられ、交際が発覚。その後結婚間近とまで言われていたが、19年7月25日号の『女性セブン』(小学館)などで破局のウワサも報じられていた。

「前田社長と交際する前ですが、16年5月ごろから、石原は山下との交際が報じられていました。18年3月1日号の『女性セブン』によると、17年秋ごろに破局したそうです。この交際のきっかけになったのが、『私に恋したお坊さん』での共演だといわれています。熱のこもった甘々なキスシーンがあったため、当時から“現実でもカップルなのでは?”とする声もありましたね」(前同)

■今回のカットは疑惑の裏付けに!?

 今年4月4日放送のバラエティ番組『ドラマツアーズ~2020年春~』(フジテレビ系)に石原が出演した際も、英語の勉強法についての話題でHey!Say!JUMPの中島裕翔(26)に対して、

「中島さん、歌って踊っているわけじゃないですか。絶対できちゃうんですよ、そういう人って。すごいかっこよくしちゃうんですよ」「ジャブ打っときながら、ドラマで(完璧に話して)『かっこいい』って、絶対みんな思う」

 と話していた。この発言に関して、山下も英語が堪能なことから「“カッコいい”とは、山Pとの実体験ではないか」とする声も上がっていた。このことからも「石原さとみと山P」が、まだ“過去の話”にはなっていないことがよくわかる。

「そうした状況で、よく『私に恋したお坊さん』を紹介するな、とは思いましたね。ただ、結果的にかなり不自然な形で紹介されたため、“石原と山下の熱愛はガチだった”と、疑惑を裏付けする形になってしまいました」(前出の女性誌記者)

 今回の放送でもSNSでは、

「石原さとみ×山下智久の映像禁止NG。その理由は、大人の事情で」「山Pの月9ドラマ名場面集、5→9が石原さとみさんいないことになってるの草。」「映像どころか名前すら出てこなかった石原さとみ……こんなんされたらやっぱりなんかあったんやな!!って逆に思ってしまうなww」「石原さとみちゃんやっぱ映せないのか知らんけど、山Pがひたすら英語喋るドラマみたいになってたの草」

 と、指摘の声が相次いでいた。石原以外の共演者はカットされることなく登場していたことから、裏を返すと、石原以外の共演女優はシロということで、そちらは一安心かも!?

関連リンク

  • 8/5 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます