「水ダウ」収録で火傷跡を公開…「さすがにやばい企画…」バラエティで大怪我をした芸能人たち

拡大画像を見る

 7月22日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の過激な内容が物議を醸している。

 異常な我慢強さを誇る安田大サーカスの団長安田とオードリーの春日俊彰が、「団長VS春日 我慢頂上決戦」という企画で「超熱湯風呂対決」を行なった。立ち合った出川哲郎は、「(自分が普段入る)熱湯風呂は46℃で、ダチョウ倶楽部は44℃。(ダチョウ倶楽部の)体調が悪い時は、42℃」と暴露し笑いを誘っていたが、この日の熱湯風呂はなんと49℃。しかも、電熱棒により1分に1℃温度が上がる仕組みまで用意されていた。団長がこの超熱湯風呂に3分1秒ほど浸かると、体は真っ赤に変色していた。「メディカルチェックの結果、肌に問題なし」とテロップで出ていたが、その後、団長はガウンを着たままで、肌はほとんど写っていなかった。

 放送後、団長が自身のTwitterに「出川さんに褒めて頂きました!!こんなの初めて観たよーって写メ撮って頂きました!!男の勲章です!!」のコメント共に、紫に変色した皮膚の写真をアップ。明らかに「肌に問題なし」ではない様子に、ネット上には「見てて痛々しかった」「これ大丈夫?」「さすがに企画がやばい気がする」など批判の声が上がっていた。

 やり過ぎたバラエティ番組の企画で怪我をしたケースは今回の団長安田だけではない。今回は、過去に収録中に大怪我をしてしまった芸能人たちを紹介したい。

■佐野史郎「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」

 大晦日の風物詩となった「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日テレ系)の「笑ってはいけない」シリーズ。2019年の「青春ハイスクール24時!」で、俳優の佐野史郎は大怪我を負ってしまった。佐野は同番組で、「液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く」という企画に挑戦した後、腰の痛みを訴え病院へ。腰椎を骨折していたことが明らかになった。全治2カ月と診断されたが、佐野は「番組に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っています」とコメントしていた。

■おぎやはぎ・小木博明「とんねるずのみなさんのおかげでした」

 おぎやはぎの小木博明は、2017年に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の収録中に右鎖骨を骨折した。シンガポールのプールで転倒した際に右肩を打ったとのことだが、詳細は発表されていない。同番組には「全落」シリーズというドッキリで落とし穴に落とされる人気企画があるため、ネット上では「転んだって落とし穴じゃなくて?」「勝手に転んだみたいに言ってるけど」「絶対に悪ノリが原因だよ」などと邪推する視聴者の声が多く上がっていた。また同番組では過去にも、ずんのやすがスキー場でゴムボートに乗る企画に挑戦し、腰椎破裂骨折の大怪我を負っている。

■ANZEN漫才・みやぞん「世界の果てまでイッテQ!」

 ANZEN漫才・みやぞんは、2019年に「世界の果てまでイッテQ!」(日テレ系)で左足首を骨折し全治2ヶ月と診断されている。インドのロケでみやぞんは、木の板を台にして火の輪をくぐる企画に挑戦するも、着地の際に足を捻ってしまったという。数ヶ月後に「世界の果てまでイッテQ!」は、なんとみやぞんの骨折シーンを放送した。果敢に挑むみやぞんに称賛の声が上がったが、「見てられない」「局は悪くないって言い訳してるみたい」と批判の声も上がっていた。

 さらに遡れば、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」(フジテレビ系)では収録中に死亡事故が起きている。後を絶たないバラエティ番組での事故だが、これ以上怪我をするタレントが生まれないよう願いたい。

  • 8/3 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 確かに笑えないのも多いね、激辛を食べる番組も内臓や体調に影響が心配は有るし!(胃炎や潰瘍、痔とか)、芸人は身体を張って稼ぐもの!ってのも分かるし、プロボクサーや格闘家やスポーツ選手は怪我が付き物だし※、了解の上でやる人はまだ良いけど、ドッキリとか不意打ちは嫌い※

  • おやぢ

    8/5 18:17

    芸能人って、従業員じゃなくて個人事業主みたいな扱いになっていて、労災は適用されないという話を聞いたことが… (法律的には雇用契約になっていなくても一定の条件(時間や仕事について拘束される要素があるとか)で労働者とみなされるらしいですが、芸能事務所なんて一般の企業より拘束しまくっているのにマネジメント契約だとか言っているので、私は今でも芸能事務所はヤクザと同類と考えています)

  • もっち

    8/5 17:35

    フツーに、ゲラゲラ笑って見てしまった・・・

記事の無断転載を禁じます