“TOKIOは残して”発言の薬丸裕英に「さすがの処世術」と絶賛

拡大画像を見る

 タレントの薬丸裕英が7月8日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。デビュー26年目を迎えるTOKIOにアドバイスを送る中、リーダーの城島茂に対して示した「定年退職をジャニーズ事務所でする」との提言が注目を集めている。

「薬丸は1978年にジャニーズ事務所に入所。1981年にドラマ『2年B組仙八先生』(TBS系)に生徒役に起用され、翌年『シブがき隊』としてレコードデビュー。5年連続してNHK紅白歌合戦に出演するなどトップアイドルとして活躍しました。グループを解散した翌89年に事務所を退所したものの、『少年隊』の東山紀之を始め、事務所の後輩といまでも親交があるそうです」(女性誌記者)

 そんな薬丸が、国分太一からTOKIOについて尋ねられると「25年アイドルでやっていけるってすごい。僕たちはやりたくてもできなかったから」と語ったうえで、「最終的にジャニーズ事務所を引っ張って行くのはTOKIOだと思う」と断言。さらに「少年隊みたいに『TOKIO』ってグループを残してほしい」と願望を述べ、さらにリーダーの城島茂に対しては「定年退職をジャニーズ事務所で迎えてほしい」と訴えるほどの惚れ込みようだった。

「薬丸の歯の浮くようなコメントには、ネットで《薬丸さん、処世術の天才。羨ましい》《はっきり言って老害》など皮肉や批判的な書き込みがありましたが、“城島定年退職説”については好意的なリアクションが多く見受けられました。スタジオでも松岡昌宏は『城島茂が定年退職して文句を言うタレント、ファンはいないと思う』、国分太一も『事務所も何も言わないと思う』と納得の様子。すると薬丸は『1回定年退職して、また執行役員で戻ってくる』とノリノリでかぶせましたが、これにはファンから《リーダーが1人TOKIOしてたり》《執行役員ならタッキーより下?》とツッコむ声もありました」(芸能ライター)

 TOKIOは2018年の山口達也の脱退以降、音楽活動を休止中。音楽を続けたい長瀬の退所の噂は尽きない。そんな最中の薬丸の出演には何か意図があったのか? いずれにせよ、TOKIOの存続、そして城島の定年退職も、バンド活動の再開がカギを握っているのかもしれない。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 7/14 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます