大阪発マスクブランド「ecomas」からUVカット&快適メッシュの夏マスク登場


夏場のマスク着用の不快感を解消するために開発されたマスクが登場!

大阪市生野区の「大林縫製」が手がける布マスクブランド「ecomas(エコマス)」の新作が、7月9日(木)よりクラウドファンディングMakuakeにて先行予約販売中だ。

ユーザーの要望から生まれた夏マスク


兄弟でアパレル縫製事業を行う「大林縫製」は、3年ほど前から計画を始め今年1月にオリジナル布マスクブランド「ecomas」を立ち上げた。今回、客からの要望をうけて、夏にも快適に過ごせる「ecomas 快適!メッシュ夏マスク」が誕生!

UVカット・消臭・吸水速乾の機能性素材使用


旭化成の消臭機能繊維『ロイカCF』を使用した『ツインコットUV』を使って作られた同商品。「紫外線遮蔽率99%・UPF50+」とUVカットに優れ、繊維自身が汗などのイヤな臭いを吸着して消臭してくれる。

さらに吸水速乾機能にも優れ、肌面が汗でベタベタする感じを残さない心地よさも魅力だ。

肌面に使用している裏生地は、水着やスポーツウェアに使用されるツーウェイ素材で、ひんやりとした冷たさも与えてくれる。

自分の好みにカスタマイズできる


同商品は、素材だけではなく、デザインにもこだわっている。耳ヒモにアジャスターが付いているため、自分の楽な位置までヒモの長さ調整ができる。さらにアジャスターは洗っても錆びる心配のないプラスチックを採用しており、クリアカラーで清潔な印象だ。


また、表生地と裏生地のあいだを空けてあるので、好みで市販のフィルターを入れる事も可能。


さらに、“マスクをするとどうしても鼻や口に生地が触れて気持ち悪い”という声に応え、ギリギリまで無駄を省いたスタイリッシュで機能的なデザインに仕上げている。

同商品の詳細は、Makuakeプロジェクトページにて確認を。

創業70年を超える「大林縫製」が手掛ける、メイドインジャパンの「ecomas 快適!メッシュ夏マスク」を試してみよう。

画像をもっと見る

  • 7/13 15:30
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます