もう帰りてぇ!彼氏をげんなりさせてしまう夏ファッション9パターン

デートの際、女性はおしゃれのつもりでも、男性に幻滅されるファッションもあります。では、夏デートではどんなファッションを男性は嫌がるのでしょうか。今回は、20代から30代の独身男性205名に聞いたアンケートを参考に、「待ち合わせに現れたとたん『もう帰りてぇ!』と彼氏にげんなりされる女性の夏ファッション9パターン」をご紹介します。

【1】暑いからといって女性らしさは忘れてほしくない「タンクトップに短パン」
「ボーイッシュにもほどがある」(20代男性)と、暑さを回避することだけしか考えていない服装は、一部の男性からは不評のようです。おうちデートならともかく、出かける際は袖口にレースが付いたものなど、少し女性的な要素が入った服を選んでみてはいかがでしょうか。

【2】日焼け対策は見ているだけで暑苦しい「長袖長ズボン」
「海に長袖って、そんなに来たくなかったの?」(20代男性)など、夏らしくないファッションの女性を見て、「デートが楽しくないのでは?」と誤解する男性もいるようです。日焼けを気にする気持ちはわかりますが、まずクリームなど見た目にはわからない方法で対策してみてはいかがでしょうか。

【3】夏らしさが全く感じられない「全身真っ黒の組み合わせ」
「夏ならやっぱ白とかの爽やかな色がいい」(20代男性)と、夏は見た目にも涼しげな清潔感のある色が好まれるようです。黒が好きなら、ボトムだけ、トップスだけなど黒の面積を減らすだけでも印象がグッと変わるでしょう。

【4】都会で南国リゾート気分な感じが恥ずかしい「つばの大きな帽子」
「人ごみの多い中、浮いていて目立つ」(20代男性)と、顔を覆ってしまうようなセレブ気取りの帽子は、男性に理解されない傾向にあるようです。日差しを避けるのに日傘より帽子が好きな人は、ショッピングデートの際、似合う帽子を彼に選んでもらってはいかがでしょうか。

【5】下着まで透けて見えてしまう「シースルーの洋服」
「誰にでも下着を見せてほしくない」(30代男性)のように、あえて見せる下着でも、彼女には恥じらいを持ってほしいと考える男性もいました。セクシーさを彼にアピールしたいなら、人前では上着を着ておき、2人きりの時にセクシーなインナーを見せるほうがドキッとさせられるかもしれません。

【6】つける意味が理解できない「髪の毛や体中にキラキラとついたラメ」
「パッと見た感じ、汗みたいで気持ち悪い」(20代男性)と、肌に異物が付いているようにしか見えず、引いてしまうという男性もいました。肌をキレイに見せたいという理由なら、男性にはパッと見でわかりにくいような細かいラメを選ぶといいでしょう。

【7】デートなのにおしゃれをする気が感じられない「ビーチサンダル」
「俺ってもう男として意識されてない?」(30代男性)のように、あまりにフランクな格好だと、「愛がない」と感じる男性もいます。ビーズなどがついたものを選ぶ、キレイにペディキュアを塗るなど、おしゃれを意識しましょう。

【8】カラフルすぎて目が痛い「派手な原色のコーディネート」
「悪目立ちするから、一緒に歩きたくない」(20代男性)と、彼女があまりに奇抜な格好だと引いてしまうという男性もいました。キレイ系の彼なら、それに合わせて清潔感を重視したシンプルな着こなしにするなど、彼の好みを研究することも大切でしょう。

【9】ファッション誌ではアリでも常識ハズレな「真夏のブーツ」
「足が臭そう」(20代男性)など、夏のうだるような暑さのもと、季節感を無視したブーツコーディネートは、見ていて気持ちのいいものではないようです。せめて秋口に差し掛かるまで我慢しましょう。

彼女のファッションに季節感がなかったり、その場にふさわしくなかったりすると、一緒に歩く男性は気が滅入ってしまうこともあるようです。9項目のようなNGファッションを反面教師にしてみてはいかがでしょうか。(廣野順子/Office Ti+) 【調査概要】 期間:2013年4月11日(木)から4月17日(水)まで 対象:合計205名(20代、30代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/13 14:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます