松本人志“都知事選を棄権”に「民主主義を全否定」「政治に文句言う資格ない」と批判の声

拡大画像を見る

7月12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では過去最多となる22人が立候補した東京都知事選で、再選を果たした小池百合子氏(67)が2位以下の候補に大差をつけ、歴代2位の得票数だったことを伝えた。しかし東京都選挙管理委員会の発表によると、今回の東京都知事選の投票率は55%で、前回(2016年7月31日)の投票率59.73%を4.73%下回った。

ゲストコメンテーターの指原莉乃(27)は「私の感覚では、ツイッターとかでも(都知事選に)関心が集まっているように感じた」「これはみんな投票に行くんじゃないか」という感触があったが、この投票率を見ると「やっぱり、そんなことはなかった」と冷静な口調で話す。芸能人がSNSで投票を促すコメントが目につき、実際に指原も投票前日に「まもなく#都知事選ですね~。都民の皆さん、行きましょう!」と呼びかけ、当日は「投票うぃってお散歩してきた」と朝早く済ませてきたことを『指原莉乃(@345__chan)ツイッター』で報告していたのだ。だがこの投票結果に、指原は「やっぱり、まだそこまで若者には届かないんだろうなぁ」「自分たちの世代で変えていこうという気持ちがあるんだったら、(選挙に)行って欲しかった」と残念そうに語った。

一方で松本人志は、指原の意見も理解できるし世間からお叱りを受けるかもしれないが「僕は今回、都知事選という選挙を“消去”してしまいましたね」と棄権したことを明かした。本当に投票したい人がおらず、消去法で無難な選択をするのでは選挙に行く意味がないと判断したという。

この発言に、ネット上では「投票しないなら政治に文句言う資格ない」「民主主義を全否定」「気持ちはわかるけど、選挙に行かずにそのことを番組で話してしまう感覚に少し引いてしまった」「誰にも投票したくない場合は、無記名投票でその意思を示す方法があります」と批判の声が巻き起こっている。同時に「残念ながら世間のマジョリティはこの意見」「選挙なんて消去法なことがほとんどでしょ」と松本人志を擁護する声も見受けられるが、その数はかなり少ないようだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 7/12 16:45
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます