『鉄腕ダッシュ』掟破りの新企画“人脈食堂”に感動の声「壮大な恩返しだ」

拡大画像を見る

 7月5日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、TOKIOが同番組で培った25年分の生産者との“人脈”を活かした新企画がスタート。多くの視聴者から称賛の声が寄せられたようだ。

 この新企画は“DASH人脈食堂”と題し、日本全国をめぐってふだんは廃棄されている食材を探し求めて料理を作る“0円食堂”に代わり、TOKIOが全国の一流食材を集めてゲストのために料理を作るという内容。

 長瀬智也(41)からの突然の電話に、生産者は「やばい! めっちゃドキドキする」などと驚き、食材を使いたいという要望に大喜び。長瀬は「今回はちゃんとお金を出して買わせていただきたい」と言うと、番組から先に入金し、振り込みを確認してから食材を発送してもらうと説明した。

 その後も、長瀬と国分太一(45)が日本各地に注文の電話をかけ、当時のエピソードをVTRで紹介しながら、現在の状況などをトーク。また、食材の通販などの購入方法も紹介され、売り上げが落ち込む生産者を応援する配慮もあった。

 数日後、全国から荷物が届くと、箱の中には食材だけでなく、手書きのメッセージが入っているものも。生産者の心遣いに、長瀬は「すてきっすね」と感激し、国分も「うれしいね、まさに人脈だね」と、これまでの生産者との信頼関係に感謝した。

■関ジャニ∞丸山隆平も感動

 そして、国分と長瀬が“麻婆豆腐&茄子”と“炒飯”を作ると、食堂の最初のゲスト、関ジャニ∞の丸山隆平(36)に番組スタッフがデリバリー。2人とリモートで中継しながら試食すると、「めっちゃ男めし!」「うまい!」と手作り料理を楽しんでいた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「泣けてくる。本当に素晴らしい企画」「あの手この手で農家の救済に乗り出したDASHの本気感、さすがです!」「これは壮大なTOKIOからの恩返しなんだ……すごい」などと感動の声が寄せられていた。

 また「先払いしていることで0円食堂との差別化、詐欺防止にもなっている」などと、入金を確認してから発送する決まりのため、模倣のイタズラで生産者に迷惑をかけない配慮がされていると称賛する声もあった。

『鉄腕ダッシュ』はこれまで“この番組に買うって発想はない!”と断言していたが、その鉄の掟を破って始めた企画なだけに、かなり力が入っているのだろう。入手は通販のため、新型コロナの感染リスクもなく、地方ロケに出られるまで、生産者とTOKIOを繋げる良企画になりそうだ。

関連リンク

  • 7/12 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 脱走兵

    7/12 22:10

    実際、番組内でも連絡つかない農家さんがある事も放送されてましたね。

  • 農家の立場で、言わせてもらいますと、その地域の農作物を応援してくださるのは、有り難いんですが、特定の農家に、ピンポイントでアクセスするのは、事前に連絡して、相手の現状を確認してからにして欲しいです。10年も経つと、災害や後継者の問題などで、廃農されている方もいらっしゃると思いますので。

記事の無断転載を禁じます