豪雨災害に100万円!寄付を報じた「東スポ」に江頭2:50が憤慨したワケ

拡大画像を見る

「令和2年7月豪雨」と命名された豪雨災害は、九州地方に甚大な被害をもたらした。そんななか、また男をあげたのが「エガちゃん」ことお笑い芸人の江頭2:50だった。

 7月9日、自身のYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」にて、「江頭2:50からみんなへ。」と題した約1分30秒の動画を公開。被災地の住民を気遣ったうえで、「ニュースなどで情報をしっかり確認し、身の安全を第一に考えて早めに避難しようぜ!」などと呼び掛けた。そして最後には「最後にこれだけは忘れないでくれ!お前らは一人じゃないぞ。絶対に諦めるなよ。きっとこの先、楽しいことたくさんあるぜー!頼むぞー!」と絶叫コメントで動画をしめくくった。

 あわせて、動画のテロップで《皆様からスパチャでお預かりしたお金と番組からと合わせて》と、100万円を被害にあった自治体に寄付することを発表したのだった。

 この男気あふれる行動は複数のネットメディアで取り上げられ、「東スポweb」は同日夕方に「江頭2:50が九州豪雨被災地へ100万円寄付表明『絶対に諦めるなよ』とエール」と題した記事をアップ。その慈善活動を江頭2:50の神妙な顔つきの写真とともに、いち早くネット上で伝えていた。

 この「東スポ」の記事に意外な反応を示したのが、当の江頭2:50だった。7月10日にこの記事を引用してこんなツイートをしたのだ。

「100万円寄付!! でもこのヤフーニュースの写真、公然わ×せ×罪で書類送検された時の写真じゃねーか?」

 江頭2:50といえば、その過激な芸風から、“事件”に発展することもしばしば。2013年5月には東京都内で行われたDVDの発売イベントにおいて、ブリーフを脱ぎ捨てるパフォーマンスを披露。下半身を露出したまま客席にダイブしたことで、警察沙汰となってしまったのだ。おそらく「東スポ」はこの“モロ出し事件”の際の写真を使用したのだろう。前述の記事において、江頭2:50が珍しく(?)マジメな顔つきをしていたのは、反省の意を表していたせいかもしれない。これにはツイッターのコメント欄でも《職場で吹いた!いいことしているのに“反省顔”している理由がわかった》《服を着ている写真がないからでは?笑》といった爆笑コメントが寄せられていた。

「東京スポーツの報道で最近、話題を呼んだのが、宮迫博之さんとのやりとり。『手越&宮迫 危ない関係』と題した記事を宮迫さんがYouTubeで取り上げていました。その記事には、宮迫さんがかつて扮していたオネエ系のキャラ『春澪ちゃん』の写真が使われていて、『恥ずいんですよ!』と笑いながら写真のセレクトにケチをつけていました。この宮迫騒動が話題になったこともあって、今回の江頭さんの“書類送検写真”も『もしかしたら…』と勘繰ってしまいますよね」

 ネットニュースゆえに拡散するのはあっという間。写真のセレクトには十分気をつけたいところだ。

(倉田はじめ)

関連リンク

  • 7/10 16:24
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    7/11 7:06

    江頭は芸はどうかと思うが震災などのために自腹を切っても支援する素晴らし人だと思うそれも隠して(バレるけど)やってるからは、糞芸人(中には良い芸人もいますが)どもとはもとが違いますからね。

  • この御仁、見た目はアレだけど、性格はホント男前だわ。

記事の無断転載を禁じます