フワちゃん『徹子の部屋』で“パンツ丸出し放送事故”!!「番組史上最大のカオス」

拡大画像を見る

 10日に放送された『徹子の部屋』(テレビ朝日系)にYouTube芸人のフワちゃん(26)が出演。司会の黒柳徹子(86)にパンツを見せるなど、破天荒なふるまいをして注目を集めている。

 のっけからハイテンションで登場したフワちゃんは「徹子さんと自撮りしたーい」と、スマートフォンと自撮り棒を使って黒柳とツーショット撮影。しかし、いつものタメ口キャラではなく、時折敬語が交じることもあり、黒柳という大物司会者を目の前にしたフワちゃんの緊張がうかがえた。

■パンツを見せたフワちゃんに徹子は……

 その後、ミニスカートを履いていたフワちゃんが、インナーとして履いているパンツを黒柳に見せ、さらにはおしりまで向けるという放送事故級のシーンもあったが、黒柳は「昔はそんな(パンツを)テレビで出しちゃいけなかったのよ」と冷静に対応していた。

 CM明けには、フワちゃんが愛用しているカラフルなヘアピンを、黒柳もおそろいでつけてトークを進行。小学生時代にロサンゼルスに住んでいた際のエピソードとして、フワちゃんは「まだ英語が話せなかったとき、クラスメートの前で笑いすぎておもらしをしてしまった」「恥ずかしさのあまり、日本人の友達に『水溜まりで転んだ』と嘘の説明をしてほしいとお願いしたものの、友達が英語で説明するとみんなが爆笑していたので、おもらしをバラされたとわかった」「そのときのくやしさから英語の勉強を頑張った」と明かし、黒柳と英会話をすることに。「セルフィー超得意なんだよね! 徹子さんは?」と英語で問いかけるフワちゃんに対して、黒柳は「セルフィー」の意味がわからなかったようで、「知らなかったわ」と英語で返していた。

■徹子、フワちゃんを拒否!!「来ないでよ」

「梅雨や寒い時期はあったかいところに行く」ことが多く、今年もオーストラリアに行く予定であったが、コロナの影響で断念したと明かしていたフワちゃん。「これからは徹子さんのおうちに行く~!」とふざけるフワちゃんに対して、黒柳は「来ないでよ」とバッサリ。

 さらに、大学時代に中国の哲学について学んでいたというフワちゃんが、古代中国の戦国時代に活躍した儒家・孟子が唱えた“性善説”を知って「ポジティブでギャルみたいだから私とウマが合う」と感じたと明かすと、黒柳は「私も性善説好きよ」とコメントしたが、フワちゃんが「うちら性善説同盟じゃん!」と返すと「あなたと同盟を組みたいかどうかはまた別として……」とまたもや冷静に切り返していた。

 番組終了時には、「徹子さん最高!」「ソーシャルディスタンスなかったらキスしてる」と黒柳への愛を訴え、「帰りたくなーい!」と絶叫していたフワちゃん。しまいには同番組のエンディング曲を「ルールルールルルルールルー」と大声で歌い出し、「一緒に歌おう!」と黒柳を誘ったが「嫌だ」と断られていた。

■やりたい放題のフワちゃんにネット上では「色々ヤバイ」

 やりたい放題であったフワちゃんについてネットでは「ふわちゃん×徹子っていう番組史上最大のカオスだった」「ふわちゃんが出る徹子の部屋が異次元だった」「徹子の部屋のふわちゃん神回」「徹子の部屋、ふわちゃん出てて地獄絵図」「色々ヤバイ」「ふわちゃんがゲストで放送事故状態で草」とさまざまな反響が寄せられている。

※画像はフワちゃんのツイッターアカウント『@fuwa876』より

関連リンク

  • 7/10 14:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 観音寺六角

    7/11 17:26

    別に放送事故でもないな?

  • いち(

    7/10 21:34

    えーやないか(´▽`)

記事の無断転載を禁じます