古市憲寿「店で手指の消毒だけして…」 続く言葉に、共感の嵐!

拡大画像を見る

2020年1月に発生後、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)により、私たちの生活は一変しました。

外出時のマスク着用や、店や施設に入る際に必ず消毒液を付けるなど、一人ひとりが感染対策を余儀なくされています。

社会学者の古市憲寿さんが、2020年7月9日にTwitterを更新。コロナウイルスのまん延後に感じた、自身の罪悪感について明かしました。

古市さんが投稿したのは、ショッピングの際に目当てのものがなく、何も購入せずに店を出る時に抱く罪悪感についてです。

「手指の消毒だけして、何も買わずに店を出ると、ささやかな罪悪感がある」とつぶやく古市さんに対し、ネット上では共感のコメントが寄せられました。

・コロナウイルス時代のあるあるだね。

・めっちゃ分かる。本当は要らないのに、なんとなく申し訳なくて商品を買っちゃう…。

・「消毒するために店に入ったのかよ」と思われたら嫌だなって、変に気をつかってしまう。

コメントの中には「罪悪感はない。消毒しないほうが周りに迷惑だと思うので、いいんじゃないかな」といった声も。

コロナウイルスの流行後、私たちはこれまで気軽に行ってきた、不要不急でない目的での外出を避けるようになりました。

その中には、これまでだったらなんてことのない行為に不安を覚えたり、罪悪感を抱いたりすることもあるでしょう。

未知のウイルスと共存しながら、これまでの生活を違和感なく過ごすには、もうしばらく時間が必要そうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @poe1985

関連リンク

  • 7/9 16:48
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • いち(

    7/12 14:52

    なるほどな、人間の体は菌だらけやもんな、それをこまめに消毒しちゃったらどうなるんやろね。

  • 光原人

    7/12 14:43

    どうでもいいが、そろそろ消毒で常在菌が死滅して重篤なアレルギーやひどいアトピー発症する頃だが、この人それ指摘してもいいんじゃない?

  • トリトン

    7/10 20:52

    店や自分のためにやるのだよな。店も何とも思ってないよ。

記事の無断転載を禁じます