美女へと変貌のBoA、“デビュー19周年”に衝撃「まだ子どもだったのに…」

拡大画像を見る

 歌手のBoA(33)が5月30日、自身のインスタグラムを更新。日本デビュー19周年の節目を迎えたことを報告した。

 この日、「今日で日本デビュー19年になったよー」「いつも変わらずに応援してくれる皆んな本当に有り難う 早く会いたいなー」と、日本語と韓国語を交えてファンに感謝を述べたBoA。添えられた日本デビューシングル『ID; Peace B』のジャケット画像には、14歳当時のあどけない少女の面影が残っている。

■あどけない少女からすっかり大人の女性へと変貌を遂げたBoA

 2000年に母国・韓国で、そして翌年には日本でもデビューを果たしたBoAは、小柄で愛らしい見た目からは想像もつかない伸びやかなボーカルと高いダンススキルで一躍注目を浴びる存在に。2002年に発売した1stアルバム『LISTEN TO MY HEART』がいきなりのミリオンヒットを飛ばすと、同年のレコード大賞「金賞」を受賞、さらには年末の紅白出場と、一気にスターダムを駆け上がった。

 その後も『VALENTI』や『メリクリ』などヒットを連発する一方で、流ちょうな日本語と飾らないキャラクターでトークバラエティなどにも進出し、多くのファンを魅了した。2008年以降は次第にアメリカや韓国に活動拠点を移し、日本におけるメディア露出は減少。しかし、2018年に3年半ぶりのアルバムがリリースされ、近年は定期的にライブツアーが行われるなど、日本のファンからも変わらず愛され続けている。

 19年の時を経て、すっかり大人の女性へと変貌を遂げたBoA。ファンからは「おめでとう」「デビューした時から大好き」「早く会いたい」という祝福と要望が相次いだほか、「もう19年経ったんですか?!」「まだ子どもだったのに早いね」「私も歳をとったわけです」「あの時の衝撃を忘れない」「いつも若い時カラオケで歌ってました」「私の青春」と当時を懐かしむ声も多数寄せられた。

 間違いなく彼女も、浜崎あゆみ(41)、宇多田ヒカル(37)らとともに2000年代を代表する歌姫の一人。日本でも近いうちにまたあのパワフルな歌声を聞かせてほしい!

※画像はBoAのインスタグラムアカウント『@boakwon』より

関連リンク

  • 6/3 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 衝撃って…極当たり前の事を書くな。14歳の頃と33歳の現在を比較したら誰でも衝撃を受けるくらい変わっているわ。何も珍しくない、当たり前の事やろ

  • 大人ってか別の人。

  • バカボン

    6/3 23:18

    大人になったってゆうか、整形し過ぎで誰か分からへん。

記事の無断転載を禁じます