EXIT兼近ら自由すぎる“亜生軍団”に、くりぃむ上田「ガチの反省会開いて」

拡大画像を見る

 5月18日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(日本テレビ系)の『しゃべくり007』パートに、ミキの亜生(31)、EXITの兼近大樹(29)、YouTuber芸人のフワちゃん、3時のヒロインのゆめっち(25)が登場した。今回は番組史上初のリモート収録で、進行役のくりぃむしちゅー上田晋也(50)と有田哲平(49)、ネプチューンの名倉潤(51)がスタジオ出演、堀内健(50)、原田泰造(50)、チュートリアル福田充徳(44)はそれぞれ別室からのリモート出演となった。リモートの3人の顔は、スタジオに置かれたマネキンの頭部分に置いたモニターに映し出されるという仕組み。

 今回のゲストは、亜生率いる最強の“パリピ芸人”が集まった「亜生軍団」。しかしスタジオには兼近、フワちゃん、ゆめっちの3人だけで、肝心の亜生の姿はない。上田が「亜生は?」と聞くと、兼近は「自宅でリモートで……」と、亜生はリーダーにもかかわらずリモート出演だと明かした。ソーシャルディスタンスを保つため、ゲストは3人までしか出られないという事情があり、亜生のみリモートとなったらしい。上田が「亜生軍団なんだろ? リーダーは来させろよ!」とツッコむと、兼近は「出たいもん! だって」と言い放った。リーダー不在のまま、軍団員たちは終始好き放題に暴れ回り、上田は亜生に「とりあえず後でガチの反省会開いてくれるか」と提案していた。

 今回の放送終了後、フワちゃんは自身の公式Twitterで、「今日のしゃべくり007、実はスタジオ制限人数があった関係で亜生さんが自らを犠牲にしてリモート出演を引き受けてくれた」と裏話を投稿。「まぢ自己犠牲の神 超アルマゲドン」「アルマゲドン2は亜生さんでやってください!!!!!」というコメントとともに、映画『アルマゲドン』のポスターに亜生を合成した画像を載せていた。これに、兼近も「漢。ついて行くしかねぇ」とリツイート。フォロワーたちからも「そうやったんやね 亜生さん素敵や」「亜生さん優しすぎ~」「さすがリーダー! 亜生さんマジ超アルマゲドン!」「さすが、団長 優男」「全米が泣いちゃう」と絶賛されていた。コロナが終息したら、今度こそ4人そろって出演してほしい!

関連リンク

  • 5/25 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます