椿鬼奴宅“謎のアニメ”ポスターに騒然

拡大画像を見る

タレントの椿鬼奴(48歳)が、5月24日に放送されたバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に出演。自宅からのリモート出演で、部屋に飾ってあった謎のポスターが反響を呼んでいる。

鬼奴はこの日、自宅から氷川きよしの「ボヘミアン・ラプソディー」をモノマネで歌ったが、部屋にファンを公言している「鬼滅の刃」のポスターと共に“謎のアニメ”のポスターが貼られていることに視聴者が反応。

「鬼滅の刃の隣のアニメのポスターは何? 鬼滅より大きいけれど」「あんなアニメあったっけ」「鬼奴のポスターより気になってググッたわ」という疑問がネットを駆け巡る。

結果、このアニメは、鬼奴のソロデビューアルバム「IVKI」が制作された時、アニソン好きの鬼奴のために作ってもらった架空のアニメ「超空のギンガイアン」であることが判明した。

放送終了後、鬼奴は「うちの壁は当然jump付録、鬼滅の刃、超空のギンガイアン 関連です!」と「鬼滅の刃」に負けず劣らず「ギンガイアン」愛をアピール。ネットからは「ギンガイアン、壮大な仕掛けだw」「ギンガイアン、面白そう」「鬼奴さん、面白いなあ。狙ってるでしょ」といった声が上がっている。
  • 5/24 23:03
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • いち(

    5/26 12:40

    以外と綺麗な人だった。

  • エッコ

    5/25 17:45

    ギンガイアン、一時期曲を入手しようか本気で迷ってた。全力で下らない事をする大人たちの情熱が美しい。

  • トリトン

    5/25 13:27

    自分も学生の頃ヤマト、ガンダム、ダンガードーA(ノエル)等部屋一面張ってたけど剥がすのほっといたら働くようになってからオタクの称号受けましたね。ここのコラムと話は違うかもしれませんごめんなさい。

記事の無断転載を禁じます