クドカン“コロナ問題行動”に謝罪ナシ!「ライブハウスの会長は辞任なのに」

拡大画像を見る

 ついに緊急事態宣言が発令された。新型コロナウイルスに感染した有名人にも、同情される者もいれば、自業自得だと批判される人も……。

 今回、後者扱いで一斉に批判されているのが脚本家の宮藤官九郎。3月31日に新型コロナウイルスに感染したことが判明して、世間に衝撃をもたらし、翌1日からレギュラー番組などの出演を見合わせるなど療養中。そんな宮藤が6日、月曜パーソナリティを務めるラジオ番組「ACTION」(TBSラジオ)に「少しずつ快方に向かっております」とのコメントを寄せ、番組出演できないことを陳謝。ひとまずファンのリスナーや出演者を安心させた。だが、このコメントが拡散されると、一斉に湧いたのは「非難の声」ばかり。まるでクラスターのような広がりを見せたのだとか。

「患っていた腎盂炎(じんうえん)の治療中にコロナ感染が発覚したと、『なんで自分が…』という本人の声とともに伝えられました。でもその後、クラスターが発生した3月20日の渋谷のライブハウスイベントにも参加していたとの噂が出回ったり、舞台稽古も続けるなど、クドカン自身が『コロナを甘く見ていた』と思われてもおかしくない“問題行動”の数々が報告されていますね。20日のライブイベントに至っては参加者のスタッフや観客のほとんどがマスクをしていなかったという目撃者の声も出ていますし、宮藤さんの『なんで自分が…』という、まるで身に覚えがないという言い方に疑問の声を唱える人が大勢いました。確かに感染は気の毒なことで、快方に向かうことはポジティブに捉えられてはいますが、ラジオで報告するなら、影響力のある有名人として、一連の軽率な行動に対してお詫びがあってもいいんじゃないか。『謝罪もないの?』という意見が圧倒的です」(エンタメ誌ライター)

 SNSを見ても、宮藤が快方へ向かっていることを喜ぶ声はほぼバッシングでかき消されていた。4月2日には、宮藤が客として来場したとされるライブハウスの会長がブログで「辞任」を発表したこともあって、「日本中がライブハウスはヤバいって知ってての行動にガッカリ」「なんで自分が?とかバカじゃないの」「どうして感染したか知りたいので2週間ぐらい前からの行動を教えてください」「才能ある変なオジサンだと思ってたけど、ただのアホでした」「イベント開いたホリエモンもそうだけど、こういう人たちって絶対に謝らないんだね。プライドだけがクソ高い」とボロクソに叩かれている。さらに「クドカンがまるで被害者みたいな報道してるメディアが多いけど、何の忖度?」「舞台稽古にライブハウス、一番やっちゃいけないことをやった報いじゃん。メディアはもっと吊るし上げてよ!」と、メディアの扱いにも不満が。

「実際にライブハウスや舞台稽古で感染したかどうかはわかりません。でも、感染者が急増したここ数日は感染経路が不明なままのケースがとても多い。中には『感染経路不明の原因は全部芸能人なんじゃないの?』といぶかる声まであるくらいですから、自粛要請を甘く見て感染したのでは責められても仕方ありませんね」(前出・エンタメ誌ライター)

 宮藤はコロナについて「噂どおり手強い」とコメント。でも、海外では有名人が率先して一般人に自粛をうながす行動や発言をしているのが当たり雨。でも日本は今のところ真逆。それが本当にロックでカッコイイのかどうか、椎名林檎に改めて“ご意見”を聞いてみたいところだ。

(飯野さつき)

関連リンク

  • 4/8 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

19
  • *リッチ*

    4/10 8:44

    あれだけ言われてたのに、自粛もしないで堂々とライブやイベント参加しまくりだったからね。 余計にイメージ悪いわ

  • ミサト

    4/10 8:35

    有名人がコロナになったら謝罪せなアカンのか…非情な意見もあるもんだな

  • 「自分の意見を言うのは構わんけど直ぐに噛みつく病的な気違いか増えてるのは確かだな。」←全くその通り。コロナの自粛に比例して増えなければいいのですが……

記事の無断転載を禁じます