松本まりか「にんにく食べて」小池徹平とチュッチュ

拡大画像を見る

女優の松本まりか(35歳)が、12月14日に放送されたトーク番組「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)に出演。ドラマ撮影時に、ラブシーンがあっても気にせずにんにくを食べていた、とのエピソードを語った。

この日、一行が訪れた居酒屋のおつまみ「にんにくチーズ豆腐」を食べながら、「にんにく、大好きなんですよ」と語る松本。そして「夏に、AbemaTVで『奪い愛、夏』っていうドロドロドラマをやってたんですよ」と、撮影当時のエピソードを語り出した。

「すごいラブシーンが多くて。ラブシーンの相手は小池徹平くんで、『私、すごいにんにくが好きなんだ』って言ったら、『いいよ』って言ってくれて。だから、すっごいにんにく食べながら、水口移しとか、もうチュッチュ、チュッチュ、どんだけやるのっていうくらいやるので。もう止まらないチュウ。止まらなかった」と振り返った。
  • 12/15 4:36
  • Narinari.com

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • にゃラン♪

    12/15 12:03

    料理のニンニクって、いい香りなのに、食べた人から匂うニンニク臭って🤢キツイ

記事の無断転載を禁じます