ヴィーガンの人気YouTuberが30日間肉中心の食事で「健康を感じる」(米)

拡大画像を見る

米コネチカット州在住のアリス・パーカーさん(Alyse Parker)は、YouTubeチャンネルに72万人以上もの登録者数と、Instagramには20万人以上のフォロワーを持つ人気のYouTuberでインフルエンサーでもある。そのアリスさんは4年半ほど完全なヴィーガンダイエット生活を送ってきた。

しかし、自分の体にあまり良くない変化があったようだ。アリスさんはヴィーガン生活において「私は自分の健康のために頑張ってきましたが、それも限界に達してしまったのです。そして再度、自分にとって適切なものは何でも試してみようと考え直してみたのです」と明かした。

そして最近試してみたのが、ヴィーガン生活とは真逆とも言える肉、魚と動物性食品(チーズ・バターなど)を食べるカーニボアダイエットだった。カーニボアダイエットで健康的になったという元ヴィーガン仲間から勧められ、アリスさんは肉、卵、チーズなどの動物性食品のみ口にするという生活を30日間続けた。その結果、彼女は次のような効果が現れたと明かしている。

「ヴィーガニズムであるというプライドを捨てて挑戦してみたものが、徹底したカーニボアダイエットでした。これを始めてから朝起きた時に精神的にスッキリした感じがあり、集中力が湧いてきて健康的だと前よりも感じることができたのです。」

また『The Independent』では、アリスさんは食事療法による自己免疫力、疲労、肥満、炎症性疾患に対する緩和という健康に対するメリットがあることにも注目していると伝えている。

アリスさんは今回試したカーニボアダイエットについて自分が感じた思いを伝えるためYouTubeに生肉から調理したステーキを美味しそうに口に運ぶ様子を捉えた動画を投稿し、Instagramにもヴィーガンを続けることに対しての限界が来ていたこと、カーニボアダイエットを行ったことで健康的だと感じることを綴った。

ところが彼女のフォロワーの中にはヴィーガニズムとしてのアリスさんを支持していた人もおり、次のような厳しい声が見受けられた。

「牛だって恐怖を感じるし家族もいるのよ。屠殺される時には死ぬってことも理解しているの! あなたの健康が解決できたってだけですませないで欲しいわ!」
「ヴィーガンだったあなたは、肉を食べることの体と環境への悪影響を理解しているものと思っていました。あなたには失望しました。」
「あなたは私にとってヴィーガニズムとなるきっかけだったのに、今では真逆のことをするのね。」

実はアリスさん、今回の30日間を動物性食品だけ口にするという挑戦以外にも果物だけで21日間、シャンプーをしないで30日間、SNSを使わないで30日間過ごすといった様々なことに挑戦してきた。そんなアリスさんの姿を知っている大勢の人達は理解を示しており、「今回のあなたの挑戦を引き続き見守っていたい」「健康でいられるなら何でも試してみて欲しい」といった彼女にとって嬉しい言葉も寄せられている。

一部のフォロワーからは「フォローを解除する」という声もあるが、アリスさんがカーニボアダイエットを行ったという発表をしてから1週間以上経つが特にフォロワーが激減した様子は見られないようだ。色々批判はあるが、今後もアリスさんは肉、魚といった動物性食品を食べ続けていくつもりだという。

画像は『ALYSE PARKER 2019年11月29日付Instagram「By this point, you probably know that I looove trying new things, running little experiments, and diving into challenges of all sorts.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 12/10 21:30
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • もう肉食も菜食も自分勝手な事言ってるだけでしょ。全員点滴だけで生きりゃええよ。 動物可哀想というやつは密猟者根絶やしにしてきてくれ。

  • ヤン中佐

    12/11 8:17

    アレルギーで肉食えない人は別ね。アレルギーでもないのにくだらん思想で肉食を否定してあまっさえ他人にまで強要する連中はマジ基地。

  • トリトン

    12/11 4:05

    もともとヴィーガンにはおかしな奴が多いからな彼女はそんな気違いにならなくて良かったね。

記事の無断転載を禁じます