結局一番うまい炭酸飲料ランキング

拡大画像を見る

近所のスーパーやコンビニエンスストアなど、どこでも気軽に買える炭酸飲料。バリエーションが豊富なため、人によってお気に入りの商品もさまざまですよね。そこで今回は、数ある炭酸飲料の中で「結局一番うまいのはこれ!」と思った商品をアンケート、ランキングにしてみました。

1位 コカ・コーラ
2位 三ツ矢サイダー
3位 ファンタ グレープ

1位は「コカ・コーラ」!

1位には、1886年にアメリカのジョージア州で誕生した炭酸飲料の大定番「コカ・コーラ」。好奇心から香りの良いキャラメル色のシロップを調合した薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が、シロップを近所の薬局に持ち込んで炭酸水と合わせたことで生まれた「コカ・コーラ」。1985年には、業績が伸び悩んでいたコカ・コーラ社が長年親しまれてきた味を変更する「ニュー・コーク騒動」もありましたが、オリジナルの味を愛する消費者の猛反発を受け、同年のうちに元に戻されています。これほど多くの人が味にこだわりを持つ商品であることを考えると、今回の結果も納得ですね。

2位は「三ツ矢サイダー」!

2位には、日本生まれの炭酸飲料「三ツ矢サイダー」。「三ツ矢サイダー」が現在の商品名となったのは1968年ですが、ルーツとなる炭酸水「平野水」が発売を開始したのは1884年というロングセラー商品です。その後、1952年には甘味成分に砂糖のみを使用した「全糖三ツ矢シャンペンサイダー」が登場しますが、砂糖が貴重だったこともあり、当時はぜいたくな飲み物として話題になったそうです。
今でこそ誰もが気軽に飲める国民的炭酸飲料としておなじみの「三ツ矢サイダー」。ぜいたく品として扱われていた時代があったというのは面白いエピソードですよね。

3位は「ファンタ グレープ」!

3位にランク・インした「ファンタ グレープ」は、1位と同じくコカ・コーラ社が販売している人気の炭酸飲料です。1957年に日本で製造・販売を開始した「コカ・コーラ」に比べると後発商品のイメージを持つ人もいるかと思いますが、日本での初登場はわずか1年遅れの1958年。発祥の地となったドイツや、アメリカでは当時すでに人気の商品だったのだとか。
ブランドイメージの親しみやすさから若者層を中心に支持を集めていますが、子どもの頃からこの味に親しんでいるという中高年層も少なくないのではないでしょうか?

いかがでしたか?
数え切れないほどのバリエーションが存在する炭酸飲料ですが、やはり人気が高いのは長く親しまれている定番の味というのがよく分かる結果となりました。気になる4位~59位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの炭酸飲料が好きですか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,456票
調査期間:2019年10月31日~2019年11月14日

関連リンク

  • 12/9 11:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

51
  • トリトン

    12/13 6:46

    何と!千歳空港の広告の看板リボンシトロンがあった北海道では当たり前なんだな。

  • トリトン

    12/12 0:25

    なるほどいつも見かけるのは他所では売ってないってことですかコーラでは生姜味は飲みました美味かったけど、でも透明コーラとかなんか見なかったけどな。

  • トリトンさんが日常的に見てる物が名古屋限定のラインナップで、よそで買えない可能性だってあるんじゃぁないですか。

記事の無断転載を禁じます