前に進もうとした0歳娘 そばにいた柴犬の『対応』が、完璧すぎた

拡大画像を見る

生後9か月を迎えた飼い主さんの娘さんが大好きな、柴犬のりんご郎(@ringoro119)くん。

かわいい妹のお兄ちゃんとして、時に優秀なベビーシッターとして、いつも娘さんのそばに寄り添っています。

「オチがたまらない」 柴犬に触りたい赤ちゃんが、手を伸ばすと…

ある日、おもちゃを握りながら前に進もうとした娘さん。それを見たりんご郎くんは…。

自らのおててをそっと差し出し、娘さんをとどめたのです!

「こらこら、だめですよ」というりんご郎くんの声が聞こえてきそうですね。

動画を見た人からは「かわいすぎる」「なんて優しい触り方なんだろう」といった声が上がっています。

りんご郎くんの触り方からは、娘さんを大切に想う気持ちが伝わってきます。きっとこれからも、よき兄として、娘さんの一番のナイトであり続けることでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @ringoro119

関連リンク

  • 12/8 14:26
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • トリトン

    1/12 20:41

    あきひろくん犬にはいたわりの気持ちがあるからね保護本能というのか優しいからね。赤ちゃんの成長阻害?相変わらずアホなこと言ってるな。

  • 南 光太郎

    12/11 23:44

    他者の成長を阻害?この動画のどこからそんな考えが出てくるんです?訳が分かりませんね。

  • 別天津神

    12/11 23:19

    それが成長を妨げられた者の考え方なんだな……(´-ω-`)アワレナリケリ……

記事の無断転載を禁じます