【コラム】日本が大好きなキューバ人から言われた「日本人のイヤなところ」が忘れられない

拡大画像を見る

外国人から「日本のここが好き」と言われたら……日本人なら誰だって悪い気はしないだろう。むしろ、嬉しいと感じる人が多数派に違いない。人によっては、乾き切った心の中に “甘々のアイスクリーム” が大量投下されたような気分になるはずだ。

だが……。ここ数年、あまりにもそういう趣旨のテレビ番組が多すぎる、と感じるのは私だけだろうか? 外国人が出てきて「日本の文化は素晴らしいです」「日本人は親切です」「日本に来てハッピー」……などなど。読者のみなさんは、そのような “甘々系” のテレビ番組を見てどう思っているのだろう?

受け取り方は人それぞれだろうが、私の個人的な好みを言わせてもらうならば……好きじゃない。内容にもよるけれど、あまりに “甘々系” の番組は「これ、日本版の北朝鮮国営放送かよ」と思ったりもする。

もちろん、外国人が日本にポジティブなことを言ってくれたら、私だって日本人の1人として悪い気はしない。場合によっては、うれしく感じる。ただ、一部の “甘々系” テレビ番組の演出がどうしても自分に合わないのだ。

──そのような事情があるので、私は当サイトで彼のことを紹介することに躊躇(ちゅうちょ)していた。なにせ、彼は日本のことがめちゃくちゃ大好き。記事にすれば、それも “甘々系” になってしまうのでは? と危惧していたが、この時期こそ彼の意見にハッとさせられる人が多い気がする……という気持ちから、以下で紹介したい。

・ハバナ在住のキューバ人

まず、私が彼(トニー)と知り合った経緯から話をしていこう。今から約4年前、私はハバナにあるトニーさんの家に数日泊まっていた。なぜ泊まったのかといえば、キューバでは民泊が盛んで、トニーさんの家も部屋の1つを民泊用に使っていたからである。

そんなトニーさんは、日本のヤクザ映画が大好き。高倉健さんへの愛と知識は、私がとうてい太刀打ちできるレベルではなかった。そして日本語もペラペラ。「日本語は映画で学んだ」と言っていたので、キューバでヤクザ映画の凄さを思い知らされたわけだが、もっとも印象に残ったトニー語録はそれじゃない。

その発言は、私がトニーさんにある質問をした後に飛び出した。私がなんて聞いたかというと……

「トニーさん、日本のことをめちゃくちゃ好きでいてくれているけど、逆に日本の嫌いなとこってある?

それを受けてトニーさんが言ったことを、私は今でも覚えている。これだ。

日本人ってよく「忙しい」って言うよね? そこ。「忙しい」とよく言ってる日本人を見ると、「何に追われて生きてるの? そんなに余裕がない人生で楽しいの?」と思ってしまう」

ハバナ滞在中、私はトニーさんと色々な話をした。その中で上の発言を今でも忘れられないのは、私自身が聞いてドキっとしたからだろう。確かに、忙しい忙しいって、私たちは何に追われて生きているのだろう? 

特に、師匠も走ると言われる12月。私を含めて多くの日本人が忙しい忙しいと言っているだろうが……優先順位は、本当にそれでいいのか? 忙しさにかまけて、1番大切なものがおろそかになってないか? そうやって何かよく分からないものに追われて年をとり、死ぬ人生で本当にいいのか?

というか、そのうち「今の状態でいいのか?」と考える余裕さえ無くしてしまうのではないか? ──そんな怖さと、「忙しい」と言いがちな自分への戒めの意味から、この記事を書いた。

執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 12/8 6:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    12/9 5:55

    昔がおおらかだったのは確かだね、でも食い物は悲惨だったな、とろろ芋と砂糖の入ったきな粉、キムチ味噌汁とご飯煮魚やきんぴらゴボウ千切り大根、ごちそうは玉子焼きあと日曜日のみパン食、お菓子はシャーベットと粉ジュース後半リボンオレンジだったなキムチなんかお茶で洗わんと辛くて食えんし婆さんは生きてる鶏締めて料理に出していたな。鶏の首を包丁で切り落としたらそのまま血を出さずに走り止まったら血が吹き出してたな

  • 個人的には経済一辺倒でギスギスしてる今より昔のおおらかな日本になって欲しいね(^^;

  • トリトン

    12/8 7:20

    キューバと日本では生活が違うと思うなそんなクソ田舎と日本の忙しいは理解出来んだろうなまあお隣のストやデモして遊んでいる国もあるからそこよりはまだキューバの方が忙しいかもな。

記事の無断転載を禁じます