『ロマサガ3』HDリマスター版に湧く30代 往年の傑作ゲームがスマホで続々リリース

拡大画像を見る

先日、ソーシャルゲームの売り上げが全体的に落ちているというニュースを見た。一時は飛ぶ鳥を落とす勢いで、どこもかしこもガワだけ変えて、中身は同じようなソシャゲを乱発していたものだけど、時代の流れはどうやら思っている以上に速いようだ。

言われてみれば、僕の周囲にもソシャゲをやってはいるものの、課金しまくっているような人ってそうそう見なくなった。昔は1万円や2万円なんて平気でガシャに溶かす人が多かったけど、みんな冷めちゃったか、貧乏になっちゃったんだろう。

さて、今回はスマホで遊べるゲームについてのコラムを書きたいんだけど、ソシャゲがメインではない。いわゆる買い切り型の、昔コンシューマで出ていたゲームの移植版。これについて書いていこうと思う。(文:松本ミゾレ)

FFにドラクエ 刺さるタイトルが目白押し!


スマホ1つあれば、大概のことはできる時代になった。ゲームにおいてもそれは同じこと。ソシャゲだけじゃなく、往年の名タイトルもまた楽しめるのだから、暇つぶしには持ってこいなのである。

例えば、最近では『ロマンシング サ・ガ3』がスマホ版で移植リリースされたばかり。ロマサガ3と言えば、僕ら30代にとってはドンピシャ直撃タイトルなので、同級生たちの中には既にダウンロードして「アビスゲート1つ目閉じたわ」と言ってる奴もいる。

それから、つい先日にリリースされた『モンスターファーム』も外せない。あの、家の中にあるCDからモンスターを再生させて育成するシミュレーションゲームの傑作である。これにはリリース当日に僕も飛びついてしまった。

二日間で4大大会を制覇し、今は探検用のモンスター育成に注力している。"黄金モモ"、欲しいからね。

それだけじゃない。スマホで遊べる旧作タイトルの主なものには『ファイナルファンタジー』『ドラゴンクエスト』から多数ナンバリングが既にリリース済だ。『クロノ・トリガー』だってスマホで遊べるし、『ヴァルキリープロファイル』もダウンロードできる。

なんというか、90年代から2000年代初頭をゲーム漬けで過ごしていた、かつての少年少女たちに、やけに刺さる移植タイトルが目白押しなのだ。

やめ時を見失って、窓の外が白み出すことも……

当たり前の話なんだけど、これら移植タイトルは基本的に買い切りになる。1000円とか2000円の範囲で購入して、それ以降はしっかり遊べるわけで、非常にコスパは高い。

しかもスマホの中にダウンロードするわけなので、基本的にスマホがあればどこでも遊べる。そして何より、プレイステーションで昔出ていたソフトの移植版は、そのロードの速さにかなり満足できるはずだ。大抵の移植版はめっちゃ読み込みが速い。

そのため、例えば、通勤のわずかな時間でも快適に遊べることだろう。出張で飛行機や新幹線に乗る際のお供にもいい。

あ、寝る前にちょっとだけ遊ぶのも悪くないね。大抵やめ時を見失って、窓の外が白み出すけど……。

かつての名作がスマホで、しかも安価で遊べるのは嬉しいことだ。この調子で、もっともっと色んなタイトルがスマホで復活してほしいと願っている。『ギレンの野望』とかね。

あなたも、かつて夢中でやり込んだゲームが移植されてないか、探してみてはどうだろうか?

関連リンク

  • 12/7 9:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

8
  • トリトン

    12/8 17:43

    queenさんFF4のアメリカ版でクリアしてから5.6はクリアしました特に6で主人公をトレジャーハンターにして後に見つからなくて偉い目に会いましたそして7では挫折(おっさんとデート)その後は9クリアしてからやってませんね。

  • トリトンさん、FFは10までは名作ですよ(個人的に) 特に1〜6に関してはめっさ泣けました(๑・㉨・๑)

  • トリトン

    12/8 11:12

    そんな裏技があったのかいくら攻撃しても駄目だったからな。ファイナルファンタジーの一作目も最終エリアで石化され金の針の高いことこれもやめたなだからファイナルファンタジー関係は嫌いだったな。

記事の無断転載を禁じます