櫻井翔も「白紙」に!嵐「活動再開2」「拒否3」無情の多数決

拡大画像を見る

 かねてより交際していた元フリーアナウンサーの一般女性Aさん(38)との結婚を、11月12日に発表した嵐の二宮和也(36)。その日から約3週間後の12月1日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、初めて自分の口で「結婚」を報告した。

 二宮の結婚発表の翌日となる11月13日には、櫻井翔(37)と相葉雅紀(36)の2人は、祝福コメントを出した。一方、リーダーの大野智(39)と松本潤(36)は、二宮の結婚について、いまだに沈黙をつらぬいている。

 11月21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、大野、松本、そしてコメントを出した櫻井も、来年末の活動休止を待たずに、二宮が結婚することに猛反対していたと報じている。さらに、11月26日発売の『女性自身』(光文社)では、大野と松本がコメントを出さないのは熟慮の末の決断だった、と報道している。

「誰よりも二宮の結婚に腹を立てている、と言われるのが松本です。松本は、嵐のSNS解禁の記者会見では、“今まで以上にファンのみなさんと近くになりたい”と語っていました。また、来年末の嵐の活動休止後のSNS運用継続にも前向き。“アイドルでいること”“嵐とはなんぞや”ということを常に考え、プロ意識が高いからこそ、活動休止前に結婚に突き進んでしまった二宮のことを許せないのかもしれません」(芸能記者)

 また『女性自身』では、大野がコメントを出さなかったのは、過去に報じられた、大野自身の熱愛報道が理由ではないか、とも伝えている。

 2015年9月発売の『FRIDAY』(講談社)が、大野と当時女優として活動していたNさんとの半同棲愛をスクープ。

 この報道直後、宮城での嵐のコンサート公演前に、大野はスポーツ紙の取材に応じ、同棲と交際を否定。その際、「友人の1人。おつき合いも一切していません。もう会うこともございません」とコメントしている。

「『女性自身』では、交際報道でツラい思いをしたことがある大野は、活動休止まであとわずかとなるこの時期に、結婚を発表した二宮を、100%素直な気持ちで祝福できない心境にあると報じています。

 嵐の活動休止を提案した大野が、二宮の結婚に反対するのは、少し驚きです。ただ、来年末の活動休止までは、国民的アイドルの嵐、そして嵐のリーダーとしての役割を全うする、という思いが、大野の中にはあったのかもしれません」(前出の芸能記者)

■コメントを出した櫻井も二宮の結婚には反対……

 大野、松本と同じく、二宮との結婚に反対したとされる櫻井は、「この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出逢った幼馴染みの一人としては、幸せになって欲しいと願うばかりです。より一層、嵐を全うしたいと思います」とコメントを出している。

「『女性自身』によると、二宮の結婚のキーマンとなったのが櫻井だったといいます。櫻井は、二宮の結婚に反対しつつも、“ファンに黙って結婚するのは卑怯”なのでは、という考えをメンバーに伝え、二宮の結婚を後押ししたとされています」(前同)

 だが、櫻井が最も大切にするのは嵐。櫻井は、二宮の結婚にコメントしていない大野と松本の気持ちも考え、活動休止後の嵐の再始動については一度“白紙”に戻し、とにかく今後は、来年末まで「嵐を全うする」という気持ちで、5人の絆をもう一度強めていこうと、メンバーに話したと『女性自身』では報じている。

「来年末で嵐は活動休止しますが、メンバーの中では特に相葉がいち早く活動を再開したいと熱望しているといいます。そして、アイドルというものを何より意識している松本も、解散ではなく活動休止という意味を理解している。“活動休止ということは再開もある”という思いでいるのではないでしょうか。

 ただ、今回結婚した二宮は、“自分は俳優という職業で食べていこうと思っているから……”という考えだと聞こえてきています。11月19日発売の『女性自身』では、二宮が役者として海外で活躍することに意欲を見せていると報道しています。2006年にハリウッド映画『硫黄島からの手紙』に出演した経験もあり、現在も英会話のレッスンを受けるなど、ハリウッド進出を意識しているといいます。また、“自由な生活をしたい”と活動休止を提案した大野は、芸能活動に相当疲弊しているようで、活動休止後は芸能活動をストップし、沖縄・宮古島で生活するとささやかれています。そして櫻井にはキャスター業、さらには政治家転身という話も浮上しています。

 今回、櫻井は活動休止後の嵐の再始動については一度“白紙”に戻すと決意したということですから、活動再開に意欲的なのは5人のうち2人、相葉と松本だけ……。2025年には再始動、という話も一部にはありましたが、もしかしたらさらに先延ばしになる、最悪の場合は再始動が実現しない可能性も考えられるでしょうね……」(同)

 来年末で活動休止となる嵐。再始動のタイミングは果たしていつになるのか……?

関連リンク

  • 12/7 7:01
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 催 村越

    12/8 8:50

    ジャニーズだろうがAKBだろうがモー娘。だろうが男女平等自由恋愛が日本の進むべき道じゃないのか?幕府があるころはサムライは武家の娘 町民は武家以外の町民、農民としか結婚出来なかったのでは? 大政奉還は何の為にしたの? 政治家と言うゴミ達の私腹を肥やすためか? 日本を自由な国にするためだろ 恋愛くらい自由にさせろ

  • 快盗百面相

    12/7 15:02

    それもこれも蛇に豚が騒ぎ立てるから悪い。みんなが広い暖かい心を持ってればこんなことに発展しなかったはず。こんな奴らの枷になるなんて嵐可哀想だ。

記事の無断転載を禁じます