明石家さんまの自腹500万円「宮迫博之を囲む会」、テレビ局幹部ズラリの狙い!

拡大画像を見る

 闇営業問題で今年7月に所属事務所から契約を解除された、雨上がり決死隊・宮迫博之(49)を励ますため、明石家さんま(64)が主催した激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」が、11月21日、都内の高級ホテルで行われた。

「激励会の司会は、宮迫さんの相方の蛍原徹さん(51)が務め、さんまさんのほか、今田耕司さん(53)、東野幸治(52)さん、FUJIWARAの原西孝幸さん(48)をはじめ、10名少々の芸人も参加していました。今田さんと東野さんの掛け合いや、天然素材時代からの盟友の原西さんの話も会場を盛り上げていました(笑)。

 会場費、飲食費、ほか諸経費をすべて含めると400〜500万円にはなるのではないでしょうか。にもかかわらず、参加者の会費はなかったといいます。おそらくすべて、さんまさんの持ち出しで開催したのではないでしょうか」(お笑い関係者)

 さらに、各テレビ局からも錚々たる面々が出席したという。

「日本テレビからは今年の大みそか放送の『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』の総合演出を手掛ける“日テレのエース”と言われるT氏が出席。T氏は、宮迫がMCを務めていた『行列のできる法律相談所』も担当しています。

 また、TBSからは『消えた天才』『クレイジージャーニー』のヤラセ公表に踏み切ったとされる編成のトップ・G編成局長、テレビ朝日からは『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』でお馴染みのKプロデューサー、フジテレビからは雨上がり決死隊の2人がMCを務めていた『世界の何だコレ!?ミステリー』を担当するN氏と、各局、エース級のテレビマンが顔をそろえ、彼ら4人は、宮迫さんとの縁も深いこともあってか、あいさつもしていましたね。

 宮迫さんは純白のタキシード姿で登場。閉会後には宮迫さんが、出口で参加者1人ひとりに両手で握手をし、頭を下げて反省と謝罪を述べていましたよ」(前出のお笑い関係者)

 さんまは、自身の個人事務所「オフィス事務所」で、宮迫を受け入れることを表明。宮迫は、来年1月10日より上演される、さんま主演の舞台『七転抜刀!戸塚宿』で、芸能活動を再開させることになるという。

 さらに、11月22日の『スポニチアネックス』によると、12月30日放送予定の『アメトーーク!』の年末特番に、さんまがMCとして電撃出演することになるという。

「今回の激励会もそうですが、さんまさんと雨上がり決死隊の関係は深い。2009年にもサプライズで『アメトーーク!』に登場していますが、当時、雨上がり決死隊は結成20周年でした。さんまさんは番組内で“10年後、30周年のときにまた来る”と話していましたが、この年末にそれが実現することになりそうです。さんまさんの尽力、そして今をときめくエース級テレビマンにも支えられ、宮迫さんのテレビ復帰は、想像以上に早いものになるかもしれません」(前同)

 テレビで復帰する際、宮迫は第一声、何を言うのだろうか……。

関連リンク

  • 11/23 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます