【競馬予想】逃げ馬不在で今年もスロー! 大混戦のジャパンカップ、最も「旨味」のある馬はコイツだっ!!

拡大画像を見る

神仏を頼まず。かの宮本武蔵の至言である。そう、人生は自分の力で切り拓いていかなければならない。

先週の競馬予想ではランダム予想マシン・マンバくんに運命を託した筆者だが、馬券は不発。ここは初心に立ち返り、自力で予想していくことにしましょう。

今週狙うのは、G1・ジャパンカップ。絶対的な馬不在で混戦ムードのJCを斬ります──。

・今年もスロー濃厚か

日曜東京のメインは芝2400mで行われるジャパンカップ。女王アーモンドアイが出走せず香港へと向かったことで、今年は混戦ムードが漂う。

まずは過去10年の傾向を振り返ろう。ペースはスローから平均で推移することが多く、前半6ハロンが後半6ハロンより速いタイムになったのは2015年のみ。

ペースが落ち着きやすいということもあり、やはり台頭が目立つのは先行馬。ハイペースになった2015年を除くと、5番手以内で3コーナーを通過した馬が必ず1頭以上、連対している。

今年の出走馬を見ても、ハイペースになるとは思えないメンバー構成。となると過去の傾向に従い、狙うは先行馬──

・オッズの盲点ここにあり! 唯一の前走重賞ウィナー

筆者の本命は④ムイトオブリガード。必ずしも先行馬とは言い難い面もあるが、前哨戦のアルゼンチン共和国杯では積極策で勝利。今回は内枠(3枠4番)に入ったこともあり、ある程度のポジションは取るとみていいだろう。

東京の芝2400mでは3戦3勝と、コース適性はバッチリ。芝2500mの戦績を入れても(4,1,0,1)で、とにかく府中では崩れない。また今週末の東京は雨模様。パワーの要る馬場になれば、3歳時までダートを主戦場にしていた経験も活きそうだ。

G1での実績が乏しく上位人気に支持されるとは考えづらい一方、前走で重賞勝ちを収めているのは出走メンバーの中では④ムイトオブリガードのみ。最も旨味のある馬は、これではないだろうか?

馬券は馬連で勝負。④ムイトオブリガードを軸にして、相手は①③⑧⑭⑮。

世界の強豪馬を、日本の精鋭が迎え撃つ──。そんなコンセプトで始まったジャパンカップだが、今年は残念ながら海外からの参戦なし。少し寂しい気もするが、逆に記憶に残るジャパンカップになるのかもしれない。熱戦を期待します!

参照元:JRA公式サイト
執筆:グレート室町
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 11/22 19:13
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ばんび

    11/24 6:50

    ◎ムイトオブリガード〇カレンブーケドール▲スワーヴリチャード△ユーキャンスマイル※ワグネリアン(^^)b

記事の無断転載を禁じます