いっこく堂 TVでカットされた「真実書き記しておきます」…怒ってはいないとも

拡大画像を見る

 腹話術師のいっこく堂(56)が19日、ブログを更新し、前日の18日にTBS系で放送された「人生イロイロ超会議」の内容についてカットされている部分がいくつかあったことを明かし、改めてブログで「真実」を書き記した。

 「・・・カット・・・されています」との題でブログを更新。「後で、どんな火の粉が飛んでくるかわからないので真実は書き記しておきます」とブログで書き記す意図を説明した。

 番組では「外国では全て現地の言葉で演じている・・・と、ナレーションありましたが、私は『冒頭の15分程度は、現地の言葉を丸暗記して演じています』と、打ち合わせでハッキリ申し上げました」と説明。確かに18日の放送では「アメリカ、フランスなど18カ国で公演。すべて現地の言葉で腹話術をこなす」とナレーションが流れていた。

 さらに「(人形は)1体何キロ?」と聞かれ、「7~8キロ」と答えた部分についても「実際に言ったコトバは『一番重たい人形は、7,8キロあります』『他は そこまで重くはないけど、長時間はキツイです』」だったそうで、「前後はカットされてありました」と伝えた。番組では「発泡スチロールのもある」という言葉は残っていた。

 いっこく堂は「別に怒っているわけでも何でもありません」と伝えた上で、「ただ、この先、言った言わない論争がないとも限りません」と事実と違う情報が1人歩きしてしまうことを心配し、書き記したことを説明した。

関連リンク

  • 11/21 0:14
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • これはいっこく堂さん正解ですね、文章で残しておいた方が良いです。 これだからTVは信用出来ない。最近はTV局スタッフ質落ちてる様に感じます。

  • いっこく堂って、もういい年なんだね…(笑)

  • 陸耳!?

    11/22 20:25

    マスコミは全て「大本営」今は他の媒体が有るので、不本意な編集などがある場合、積極的にネット発信を活用すべきであろう。

記事の無断転載を禁じます