元恋人の自宅天井裏に潜んで監視していた暴力男が逮捕(英)

拡大画像を見る

英デヴォン州エクセターで今月、アーロン・チジー(Aaron Chidgey、25)という男が元交際相手のエイミー・バーチさん(Amy Birch、20)宅の天井裏に忍び込んでいたことで逮捕された。現在のエイミーさんは2人の子供を持つシングルマザーだが、3年前の2017年1月から路上生活をしていたことがあり、アーロンとはその頃に知り合ったという。

当時17歳だったエイミーさんは、飲酒と薬物を使用して家を出て路上をさまよっていた。そして路上生活2日目に、孤独だったエイミーさんはホームレスのアーロンに声をかけられ、彼のテントで生活することになった。この時のアーロンは、エイミーさんの大きな心の支えになったようだ。

のちにエイミーさんは2人でホームレス生活から抜け出そうとホームレス支援団体に連絡し、アルコールや薬物に溺れることもなく部屋を借りるためにお金を貯めていった。しかしアーロンは薬物を常用し、エイミーさんが貯めたお金を薬物に変えてしまうことが度々あった。

アーロンからの度重なるお金の要求に対してエイミーさんが一度拒んだところ、彼女は地面に頭を叩きつけられ流血してしまったという。この日を境にアーロンのエイミーさんに対する暴力が度々続くようになった。それは2人で部屋を借りることができた後も続き、人目につかない密室でアーロンの暴力は酷くなっていった。

そして同年8月、路上でエイミーさんの頭を地面に押さえつけて暴行したアーロンは、逮捕されて刑務所に拘留された。だがそんな仕打ちを受けたにもかかわらず、エイミーさんは7か月後に釈放されたアーロンを呼び戻し、再び一緒に暮らし始め、彼女はアーロンの子供をお腹に宿すこととなる。

妊娠したエイミーさんはお腹の子を守らなければという気持ちが強くなり、アーロンとの別れを決意した。当時のことをエイミーさんは「もうこの男に支配され、暴力を振るわせるわけにはいかないと思いました。私には守るべき赤ちゃんがいるのです。それに私の家で彼に薬物をやって欲しくなかったんです」と語っている。

その後は家を出て行ったアーロンだが、再びエイミーさんに暴行を働いたことで投獄されている。そして数か月後、出所したアーロンは接近禁止命令が言い渡されていたにもかかわらず、エイミーさんと生まれた息子がいる寝室に侵入。驚いて目を覚ましたエイミーさんに向かって「どこに逃げても必ず見つけてやる」と言い残してその場を去ったそうだ。

警察に通報したエイミーさんだったが、その後アーロンから逃れるために10回ほど引っ越しせざるを得なかったという。のちにエイミーさんは新しい恋人の子供を身ごもったが、アーロンからの攻撃を避けるために2人は別々に暮らしていたそうだ。そして今年7月のこと、エイミーさんは母親との旅行から自宅に戻った後、自分の部屋の違和感に気付いた。

毛布と枕が見当たらず、汚れた皿があったことでエイミーさんの脳裏にアーロンのことがよぎった。彼女は原因を突き止めるべくその6日後、シャワーを長時間浴びた後でお湯を流しっぱなしにしたまま浴室を出て部屋の中を覗いた。すると天井にある点検口から天井裏へと入っていくアーロンの足が見えたのだ。

エイミーさんは、アーロンに向かって部屋から出ていくように叫んだ。アーロンは天井から降りてきて部屋を立ち去ろうとしたが、静かな声で「お前のその汚れた腹の赤ん坊が、いなくなりゃいいのに…」と発したという。その後アーロンは警察によって逮捕され、今月8日にエクセター刑事法院で接近禁止命令と虐待禁止命令を破ったことで有罪となり、15か月の実刑で刑務所に拘留されることになった。

なおアーロンのエイミーさんに対しての接近禁止命令は2024年までとのことだ。

画像は『The Sun 2019年11月18日付「MONSTER IN THE ATTIC My violent ex hid in my attic to spy on me for SIX DAYS, I finally feel safe now he’s locked up」(Credit: Have Your Say Stories)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 11/20 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます