“ワセリン”を腕に注入で23歳ボディビルダーが死の危機に(露)

拡大画像を見る

モスクワに住むキリル・テレシンさんの二の腕は約60センチ(24インチ)もあり、その腕には美容整形オイルとしても知られる合成油脂「シンソール(synthol)」が注入されていると報じられていた。シンソールは感染症や脳卒中、神経損傷、肺塞栓などの副作用があることで知られており、顔よりも大きく膨らんだ腕を持つキリルさんを心配する声は高まるばかりだった。

だがここにきて、彼の腕に注入されていたのはシンソールよりもさらに危険な「ワセリン(petroleum jelly)」であることが判明し、キリルさんは医師から「腕の異物を全て摘出しないと、腕の切除を迫られるか、死亡することもあるだろう」と警告を受けたようだ。

石油を精製して作られる白いゼリー状のワセリンは安価だが、人体への注入は非常に危険なものであるため、まっとうな美容外科ではまず使われることはない。しかし高熱や痛み、腕の変形で医師の診察を受けたキリルさんは、美容整形による被害者を救出するキャンペーンを行うアラナ・マメーバさん(Alana Mamaeva、32)のサポートを受け、摘出手術を受けたのだった。

キリルさんの異物摘出を行ったセチェノフ第一モスクワ国立医科大学(Sechenov First Moscow State Medical University)のメル二コフ医師は、ワセリンの危険性について次のように語っている。

「今回の手術ではまず、キリルさんの片腕から損傷した組織を摘出しましたが、血管や神経を残しつつも注入されたワセリン全てを取り除くのは一度の手術では不可能です。ワセリンは筋肉、皮膚組織または皮膚に浸透し血液の流れを妨げます。そして組織が死ぬとワセリンが石灰化して硬くなってしまうのです。キリルさんの腕を叩くと音がするのがわかります。ワセリンは保湿剤に過ぎず、身体に注入することは非常に危険です。」

「キリルさんは異物を注入による副作用について、理解していませんでした。彼の場合はワセリンが腕に留まっている状態でしたが、身体全体に拡散すると腎臓に悪影響を及ぼし最悪の場合、死に至ります。」

「最近はワセリンを胸や臀部などに注入された女性が、形が崩れたり、体調不良を訴えて病院を訪れるケースが増えています。ワセリンは安価ではありますが、絶対お勧めできません。」

キリルさんにはまだ数回の手術が必要だそうだが、ここまで大きくなった腕をもとに戻すのにはかなりの時間がかかるという。

ちなみに2016年には、シンソールを注入し続けるブラジル人男性(当時48歳)が話題になった。この男性もボディビルダーで「理想はアーノルド・シュワルツェネッガー。周りに何と言われようと注入をやめることはない」と語っていた。

画像は『LADbible 2019年11月16日付「Russian ‘Popeye’ Starts Surgery To Remove Three Litres Of Jelly From His Arms」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 11/18 21:16
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

11
  • Scarlet Star☆

    11/28 12:19

    気持ち悪笑 大体その体で腕だけとか普通に考えておかしいだろ

  • 扇風機おばさんも確か同じだったかな? 格好良くも何とも無いのに馬鹿みたい。

  • …ず…

    11/21 9:21

    バカと天才は紙一重だけど……これはバカの方だな

記事の無断転載を禁じます