櫻井翔、松岡修造、安住紳一郎に「フジと村上信五がボコられる」!

拡大画像を見る

 マラソンと競歩の開催地が札幌に変更になるなど、いまだにすったもんだが続く、来年に迫った東京五輪。

 各テレビ局は、メインキャスターの最終調整に入っているとされる。2008年以降、夏季・冬季合わせて6大会連続でMCに起用してきた櫻井翔(37)を日本テレビから奪うかたちで、NHKは嵐を東京五輪の「スペシャルナビゲーター」に起用。

 11月14日発売の『週刊新潮』(新潮社)では、嵐とともに東京五輪を伝える局アナには、“わくまゆ”こと、和久田真由子アナ(30)が内定したと報じている。

 和久田アナは、今年の『NHK紅白歌合戦』で総合司会を務めることが発表されたばかり。白組司会を務める櫻井と、どのようなコンビネーションをみせるのかにも注目が集まる。

 TBSでは安住紳一郎アナ(46)が、フジテレビでは関ジャニ∞の村上信五(37)がMCを務めることが発表されている。

 また、『週刊新潮』によると、テレビ朝日は松岡修造(52)を起用する方針で調整中で、日本テレビはラグビーW杯でMCを務めた、くりぃむしちゅーの上田晋也(49)が本命だという。

「櫻井は、過去6大会の五輪MCとなり、『news zero』(日本テレビ系)でも14年にわたってキャスターを務めています。今年のラグビーW杯でもスペシャルサポーターを務めるなど、スポーツの知識や貢献度も抜群です。また、TBSの安住アナは、アナウンサーとしての実力は今やナンバーワン。盤石なMCが期待されます。

 松岡に至っては、2004年のアテネ大会以降、夏季・冬季8大会連続でテレ朝のMCを務めています。『週刊新潮』にもありますが、どの世代からもウケがよく、ただ熱いだけではなくスポーツへの愛情や知識も豊富。選手への取材も熱心に行い、食い込んでいますから、より深いレポートができるのではないでしょうか。一方で、心配なのはフジの村上ですよね。先日の『FNS27時間テレビ』でも、それがかいま見えてしまいました」(スポーツ紙記者)

■村上&中居のダブルMCも!?

 11月2日から3日にかけて放送された『FNS27時間テレビ』。今年は、来年の東京五輪を見据え、「にほんのスポーツは強いっ!」をテーマに、ビートたけし(72)と村上がMCを務めた。

 ところが、27時間を通しての平均視聴率が5.8%(すべてビデオリサーチ調べ。関東地区。以下同)で、昨年の平均視聴率7.3%を下回り、歴代最低を更新。

「今年、スポーツをテーマにしたのは、来年の東京五輪を見据えてのこと。『27時間テレビ』では、“東京五輪の顔としての村上”を覚えてもらおうという意図もあったのではないでしょうか。にもかかわらず、視聴率は歴代最低で、村上のMCにも不安の声が上がっています。

 この結果を受け、フジとしても、村上だけでは他局に勝てないことは分かっているはず。このままいけば、櫻井、松岡、安住アナらにボコボコにされるのは目に見えています。東京五輪本番では、過去のメダリストを解説につけるのはもちろんですが、スポーツに精通し、あらためてその実力が評価されている、元SMAPの中居正広(47)に頭を下げ、中居と村上のダブルMCをやるぐらいしないと、厳しいのではないでしょうか。

 中居は2004年のアテネ大会以降、昨年2月に開催された平昌大会まで、夏季・冬季通して8大会連続でTBSの五輪MCを務めましたからね。ただ、中居は現在、ジャニーズ内で単独行動をしているとされ、本流にいる村上とはまったく立場が違う。その辺の人間関係を考えると、なかなか実現は難しいとは思いますが……」(前出のスポーツ紙記者)

 来年の東京五輪開催までに、フジテレビは起死回生の一手を講じることはできるのだろうか!?

関連リンク

  • 11/18 7:11
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます