みやぞん『イッテQ!』台湾グルメの食レポに本音ポロリ「嫌い」

拡大画像を見る

 ANZEN漫才のみやぞん(34)が、台湾ロケで地元で話題のグルメに挑戦したところ、意外な食品の“かけ合わせ”が視聴者をザワつかせたようだ。

 この様子が見られたのは、11月10日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのこと。みやぞんは海外ロケ企画“世界の果てまでイッタっきり”で台湾へ。世界的には“シルホイール”と呼ばれている、約15キロの大きな鉄の輪の中に入ってパフォーマンスを行う“大鉄環”に挑戦する。

 ロケの2日目。みやぞんは、台湾のSNSから火がついて社会的なブームになっているという、かけ合わせグルメを昼ごはんに食べることに。コーディネイターの女性は「友達がスゴくおいしく食べます。“濃厚!”“おいしい!”って」と勧めた。

 そのかけ合わせメニューは、しょうゆ味のカップラーメンにプリンを入れたもの。みやぞんは「(昔からある2つの食品の)組み合わせが何十年もなかったのには、理由があると思いません?」とスタッフに問いかけると、「おいしくないんじゃないですか?」と苦笑いした。

 そして、用意されたカップラーメンにプリンを入れると、大鉄環を指導する陳先生は「見た目、ヤバいですね」と引き気味。みやぞんは「郷に入っては郷に従え」と、プリンを箸で崩して麺と混ぜ、実際に食べてみると「うま~い!」と絶叫した。

 それでも、陳先生は「ホントですか?」と疑っていたが、みやぞんは「甘いのとしょっぱいのって合うじゃないですか。クリーミーな感じ。こってりしたものが食べたいなと思ったときに、プリンを入れるとそれになりますね」と、かけ合わせグルメのおいしさを解説した。

 そこで陳先生もプリン入りラーメンに初挑戦したのだが、微妙な表情になって「この味はみやぞんは好きですか?」と質問した。すると、みやぞんは「嫌い」と本音をポロリと漏らし、陳先生は大爆笑。みやぞんはカメラに向かって「ごめんなさい」と、ウソ食レポしたことを謝罪した。

 さらに、みやぞんは「せっかく作ってくれたから」と、おいしいと言ったのはスタッフへの気遣いだったと釈明したが、陳先生は「流行りモノは人をダマすものです」とバッサリ。スタジオでVTRを見ていたMCの内村光良(55)も「そうだよな」と同意していた。

 これを見ていた視聴者は、ツイッター上で「絶対マズいよ~」「やっぱりカップラーメンとプリンは別々に食べるべきだと思う」と、みやぞんの食レポに同情気味。また、陳先生が星野源(38)に似ていたため、「ニコニコしててかわいい!」「先生かっこよかったからインスタフォローした」などと人気で、陳先生のインスタグラムに応援コメントも寄せられていた。

関連リンク

  • 11/17 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    11/17 12:48

    アホの組み合わせでうまいわけ無いじゃんそれをうまいというバカレポーター、いつだったかラーメンの上に蟹一ぱい乗っけてカニラーメンとかあったけど誰が食べるんだと思ったな。

記事の無断転載を禁じます